【状況別攻略】寄せワンも狙える!アプローチの打ち方を知る

getty

ゴルフスイング

【状況別攻略】寄せワンも狙える!アプローチの打ち方を知る

keiman

ワンパットでカップインが狙える位置にアプローチショットができれば、飛躍的にスコアを伸ばすことも夢ではありません。

この記事では、1ピン以内に寄せていく、いわゆる寄せワンが狙えるアプローチの打ち方を状況別に考えます。

ワンパットでカップインが狙える位置にアプローチショットができれば、飛躍的にスコアを伸ばすことも夢ではありません。

この記事では、1ピン以内に寄せていく、いわゆる寄せワンが狙えるアプローチの打ち方を状況別に考えます。

1.グリーン周りの花道からのアプローチ

1.グリーン周りの花道からのアプローチ

getty

状況別アプローチの打ち方【その1】は、、グリーン周りの花道からアプローチを打つケースです。

花道からアプローチを打てる状況は、寄せワンを取れる位置に寄せるチャンス。

グリーン周りの花道からのアプローチショットは、ボールを上げる必要はありません。

パターを使ったり、ロフトの立ったクラブでのランニングアプローチで「転がして」寄せることを最優先に考えましょう。

転がすアプローチなら、高さやスピンを考えず、方向と距離に集中できる分、大失敗することは少ないはずです。

2.ハザード越えが必要な場合

2.ハザード越えが必要な場合

getty

状況別アプローチの打ち方【その2】は、ハザードを越える必要がある場合です。

このケースでは、当然ですが転がしていくわけにはいきません。

このような状況ではピッチエンドランを使います。

ボールをすくって上げようとしてはいけません。

逆に、少しダウンブロー気味に打っていくイメージでショットします。

ピンが手前でハザードのすぐ近くの場合には、ギリギリを狙ってしまうと手前のハザードにつかまるミスを誘発します。

できるだけピンそばに落とすよう狙い、ピンをオーバーしてもグリーンに残ればOKとしましょう。

3.傾斜からのアプローチ

3.傾斜からのアプローチ

getty

状況別アプローチの打ち方【その3】は、傾斜からのアプローチです。

(1)左足上がりの場合

グリーンに対し左足上がりからのアプローチでは、打球が左に飛びやすくなるため、ピンの少し右を狙って打ちます。

傾斜の状況に応じてアドレスを取りますが、アドレスの軸を傾斜なりに構えた場合、ロフト角+傾斜角となるため、いつもよりボールが高く上がります。

その分を計算に入れ、少し大きめに狙う必要があります。

逆に傾斜に逆らって構えた場合には、弾道自体は普段と変わりませんが、地面の高さの分低い弾道をイメージしましょう。

そして、ヘッドの抜けが悪く、ダフりやすい状況なので注意が必要です。

(2)左足下がりの場合

状況別に見た場合、一番困難な状況だといえます。

急な傾斜なら、アドレスをとることすら難しいでしょう。

1打でグリーンに乗らなくても良しと思って挑みましょう。

いつもよりオープンスタンスで、肩のラインはスクエアに構えます。

あとは、傾斜に沿ってクラブを振っていくのですが、フォローを低く長く出すイメージが大切です。

4.ラフからのアプローチ

4.ラフからのアプローチ

getty

状況別アプローチの打ち方【その4】は、ラフからのアプローチです。

ラフから打っていく場合、ボールにスピンがかかりにくく、グリーンに落ちてからの転がりが思ったより出ます。

サンドウェッジでも、キャリー:ラン=1:2くらいのイメージで、ピンの手前からランを使って寄せていきましょう。

手前に落とすことを意識するあまり、ゆるんでしまってザックリなんていう事もあります。

しっかりグリップして、芝の抵抗を素振りでよく確認してから打つことも大切です。


いかがでしたか?

状況別のアプローチの打ち方を紹介しました。

ケースバイケースで、しっかりとアプローチショットを決めていけるようになりたいですね!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

【状況別攻略】寄せワンも狙える!アプローチの打ち方を知る

メニュー