ゴルフスイング

『初心者が学ぶ』精度を高めるアイアンショット上達練習法

gollu

アイアンの上達はスコアアップへの大きなポイント。

距離感や方向性を考え、一番精度が高くなくてはならないのがアイアンでもあります。

そんなアイアンの正しい打ち方をスウィングに沿ってご紹介します。

アイアンの上達はスコアアップへの大きなポイント。

距離感や方向性を考え、一番精度が高くなくてはならないのがアイアンでもあります。

そんなアイアンの正しい打ち方をスウィングに沿ってご紹介します。

方向性を安定させるアドレス

最初にアドレスをチェックします。

アドレスで重要なのは前肩のラインと骨盤前傾の二つです。

両肩のラインがボールを飛ばす方向と平行になるようにセットすることがショットを安定させる決め手です。

そして骨盤を前世にさせることで、股間接を稼働させて腰の正しい回転を促します。

お尻を少し突き出す感覚で姿勢を作ってください。

バックスイングの回転

バックスイングの回転

バッックスイングは胸を右に90度回すとシンプルに考えてください。

回転は背中を目標に向けるイメージで。

そして右ひざをアドレスの位置にキープさせます。

この時左うでを伸ばしておくことがポイントです。

左ひじが折れたりグリップが緩んだりすると上体に張りがなくなり体を捻る体勢が崩れてしまいます。

インパクトはライ角のキープが決め手

インパクトはハンドファーストで、ボールを目標に向かってまっすぐ押し込むイメージで打ってください。

アドレスの再現となる重要なポイントはライ角(クラブを構えた時のシァフトと地面の角度)です。

構えた時のクラブのライ角でインパクトを再現します。

前傾姿勢が崩れるちライ角が正しく再現されずに、フェースが開いたり閉じたりしてしまい、ミスショットを招いてしまします。

前傾角度をキープして両手をアドレスの高さに戻すことを意識してください。

フォロースルーは方向性と安定感を意識

アイアンはボールを遠くに飛ばせるだけで良いものではなくピンを狙ってボールを運ぶイメージで打つので、左右のブレを最小限に抑える安定感が重要です。

そこでフォロースルーでも右手首の角度を変えずにヒンジ角をキープすることを意識してください。

7番アイアンからウェッジなど短いクラブになるほど、この角度をキープすることが大切となってきます。

右手首の角度が変わらなければフェース面がスクエアに保たれて正確なアイアンショットを打つことができます。

まとめ

いかがでしたか。

アイアンショットのスウィングはルーティンワークの手順を覚えて身体にしみこませることが近道です。

ショットの正確性を高めてグリーンオンを目指してください。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

『初心者が学ぶ』精度を高めるアイアンショット上達練習法

メニュー