ウェア

正しいサングラス選びの3ポイント!

とや

眩しさから目を守ってくれる
芝目が読みやすくなる

など、様々な利点をもたらしてくれるサングラスですが、正しい選び方はできていますか?
ゴルフ用だから大丈夫!というそこの貴方!
実はもっといいサングラスが見つかるかもしれませんよ?

ここではそんなサングラスの選び方をチェックしていきたいと思います!

眩しさから目を守ってくれる
芝目が読みやすくなる

など、様々な利点をもたらしてくれるサングラスですが、正しい選び方はできていますか?
ゴルフ用だから大丈夫!というそこの貴方!
実はもっといいサングラスが見つかるかもしれませんよ?

ここではそんなサングラスの選び方をチェックしていきたいと思います!

ゴルフ用サングラスの選び方~フレーム形状~

ゴルフ用サングラスの選び方~フレーム形状~

まずゴルフ用のサングラスの選び方にはフレーム形状を見てみましょう。

フレーム形状には
・通常のメガネフレーム
・顔の丸みに合わせてあるハイカーブフレーム
の2種類が一般的ですね。

アドレス時やインパクトの瞬間、ボールの行方を追うとき、などボールを視界の端で捉える機会がゴルフは意外と多いんですよね。

そのため両サイドの視界を確保するのに有利なのが「ハイカーブフレーム」のサングラスです。
多くのスポーツ用サングラスが、この形状を採用しているのには理由があったんですね。

ゴルフ用でもこちらを選ぶと間違いありませんよ。

ゴルフ用サングラスの選び方~レンズの濃さ~

ゴルフ用サングラスの選び方~レンズの濃さ~

レンズの濃さも重要なポイントですね。

ここでは「可視光線透過率」という表示が重要になります。

例を挙げると
可視光線透過率15%:光を多く遮ってくれ眩しくない
可視光線透過率40%:光をさほど遮ってくれないが視界がいい

と、このような特徴が出てきます。
可視光線透過率が一番低いタイプで13%前後が一般的ですが、光に過敏な方以外は暗く感じるのでゴルフ用としては万人向けではないと言えそうです。

ゴルフで使用するには、可視光線透過率が30%前後のものを選ぶと、暗すぎず、眩しすぎず、ちょうどいいのではないでしょうか。

ゴルフ用サングラスの選び方~偏光グラス~

ゴルフ用サングラスの選び方~偏光グラス~

「偏光グラス」という表示を店頭で見たことがある方は多いでしょう。

この偏光グラスというものは、光の乱反射をカットしてギラつきを抑えてくれたりする効果がある優れモノ。

しかし偏光グラスは製品によっては、偏光度が甘いものがあり大した効果が期待できないものもあります。
どうせならちゃんとした偏光グラスを選びたいものですが・・・

そんなとき見分ける方法は
1.晴れた日に車のダッシュボードに白い紙を置く
2.フロントガラスに白い紙が映り込む
3.偏光グラスをかけてみる
これで偏光度がしっかりした製品ならば"スパッ"と映り込みが消えます。

シチュエーションが限定されてしまいますが、一度お試しあれ。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー