ライフスタイル

いつもきれいに!キャップ/バイザーの正しい洗濯方法

elly

ゴルフのラウンドを行うと思った以上に汗をかいています。そんな汗を大量に吸ったキャップ/バイザーはできることならすぐにでも洗ってしまいたいもの。

でもちゃんとした洗濯方法がわからずとりあえず洗濯機に放り込んでる人も多いかと思います。ここではそんなキャップ/バイザーの洗濯方法について紹介します。

ゴルフのラウンドを行うと思った以上に汗をかいています。そんな汗を大量に吸ったキャップ/バイザーはできることならすぐにでも洗ってしまいたいもの。

でもちゃんとした洗濯方法がわからずとりあえず洗濯機に放り込んでる人も多いかと思います。ここではそんなキャップ/バイザーの洗濯方法について紹介します。

キャップ/バイザーを洗う前にしておくこと

キャップ/バイザーの正しい洗濯方法の前に、きちんと下準備することが大切です。

まずはキャップ/バイザーについたゴミを取り除いてください。まず初めにマイクロブラシや歯ブラシで小さな汚れを浮き上がらせてください。

次にガムテープを使って、浮き上がってきたゴミを取り除きましょう。

ゴルフは自然の中で行うものなので、知らず知らずのうちにキャップ/バイザーは思った以上に汚れています。

この下準備をするかしないかで、キャップ/バイザーの洗濯後の仕上がりが大きく変わってきますので、面倒ですが手を抜かずにゴミ取りを行いましょう。

キャップ/バイザーの洗濯方法は手洗いが基本

キャップ/バイザーはとても型崩れしやすいものですから、正しい洗濯方法は洗濯機ではなく手洗いになります。

洗濯機で違う洗濯物と一緒に洗うと取り返しがつかないほどツバの部分が変形してしまうことがあります。キャップ/バイザーの形を維持するためにも手洗いできれいにしましょう。

基本的には洗濯洗剤をぬるま湯で薄めて帽子を浸しながら洗濯ブラシで洗えば良いのですが、汗を大量に吸っていそうな内側の部分に関しては、部分洗い用の洗剤をあらかじめキャップ/バイザーにスプレーなどで吹きかけておきましょう。

キャップ/バイザーを干すときは陰干し×ザル

帽子を手洗いしたあとは出来るだけ陰干しで乾かすようにしてください。

帽子は思った以上に紫外線に対して弱く、日光に当てて乾かすと色あせが進みやすくなります。風通しのよい日の当たらない場所に干すようにしてください。

そのときキャップ/バイザーをザルにかぶせておけば、乾燥時の型崩れを防ぎやすくなります。

型崩れに対しては丸ければなんでもいいというわけではなく、ちゃんと風が流れるようにメッシュ状のざるを選ぶことが正しい洗濯方法のポイントです。

日頃のお手入れはファブリーズを使おう

どうしてもすぐに洗えない、明日も使わなきゃいけない。そんなときの強い味方がファブリーズです。

帽子全体にファブリーズを吹きかけておくだけで、汗の匂いを取ることができます。

これはキャップ/バイザーに限らず、他のウェアやバッグでも使えるテクニックですが、一時しのぎでしかありませんので、時間があるときは上記の洗濯方法できれいにするように心がけてください。

小型の除菌スプレーを持っておくとラウンドの合間でもニオイ対策ができますのでオススメです。

キャップ/バイザーは洗濯機ではなく手洗いを基本としてください。特に型崩れを防ぎたいときはブラシでゴシゴシするのではなく、軽く揉みながら汚れを落とすようにしてください。

どうしても洗濯できないときの強い味方がファブリーズですが、これを使わないに越したことはありません。日頃から「使ったら洗濯」を心がけておきましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー