クラブ

今流行りはこのメーカー!スコアアップのカギを握るパターグリップ集

elly

最近では純正品のパターでもグリップが選べるものも増えていますが、それ以上に多彩なラインナップのパターグリップが各メーカーから出ていますね。

パッティングに悩むときには、グリップを変えてみるのも解決の糸口かも知れません。この記事では、そんなパターグリップのオススメメーカーを4社ご紹介しますね。

最近では純正品のパターでもグリップが選べるものも増えていますが、それ以上に多彩なラインナップのパターグリップが各メーカーから出ていますね。

パッティングに悩むときには、グリップを変えてみるのも解決の糸口かも知れません。この記事では、そんなパターグリップのオススメメーカーを4社ご紹介しますね。

1.スーパーストローク(SuperStroke)

始めにご紹介するオススメのパターグリップのメーカーは、【スーパーストローク】です。

ジョーダン・スピースをはじめとするトッププロが愛用していることでも知られていますね。

スーパーストロークのパターグリップは、多彩なパッティングスタイルに対応できる豊富なラインナップが魅力。

三種類の太さが選べる【SLIMシリーズ】
極太の【FATSOシリーズ】
五角形の【FLATSOシリーズ】
正方形の【SQUAREシリーズ】
重りをつけて重量バランスを変えられる【MID SLIMシリーズ】
の5つのシリーズと、カラフルなカラーラインナップから、自分に一番合うものが選べます!

2.オデッセイ(odyssey)

次にご紹介するオススメのパターグリップのメーカーは、パターのブランドとして有名な【オデッセイ】。実はオデッセイのグリップは、単体で購入できるんです!

オデッセイの純正パターはもちろん素晴らしい性能ですが、他のメーカーのパター×オデッセイのグリップでこだわりの一本というのもいいですね。

ネットショップなどでは、日本未発売のエッジの効いた海外制のデザインのものも購入できるようですから、オンリーワンの1本に仕上げることができそうですね!

3.ゴルフプライド(Golfpride)

続けてご紹介するオススメのパターグリップのメーカーは【ゴルフプライド】です。グリップメーカーとしては最大手で、ラバーグリップをはじめて開発した老舗でもあります。

このゴルフプライド社から、2016年度に発売された新商品【TOUR SNSR】が話題を集めています。

素材に従来の同社のグリップと比べて約2倍ソフトな新素材を採用し、“インパクトのフィーリングをダイレクトに手元に伝える”をコンセプトとしたTOUR SNSRシリーズ。

ストレートテーパー形状の【TOUR SNSR STRAIGHT】と、ピストルシェイプの【TOUR SNSR CONTOUR】の2タイプありますのでチェックしてみてください!

4.ウィン(Winn)

最後にご紹介するオススメのパターグリップのメーカーは、個性的なグリップが魅力の【ウィン】です。

注目を集めているのが、ノンテーパー形状の極太グリップ。フィル・ミケルソン選手のコーチでもあるブッチハーモン氏が開発に参加した製品です。

また、ウィン社は、社会貢献に力を入れていることでも有名で、例えば、乳ガンで闘病する女性を支援する【PINK RIBBON】、米軍兵士をサポートする【HERO】といったネーミングの製品もあります。

いかがでしたか?グリップひとつを取っても、様々なメーカーがそれぞれの技術を尽くした製品を作っています。

使い心地にこだわるのはもちろんのこと、デザインやカラーで選ぶのも個性が出ていいですね。ぜひ、あなたの手にパッティングに馴染むパターグリップを見つけてくださいね!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー