クラブ

シャフトも個性あり!メーカー別スチールシャフトの違い

meison

クラブ選びに大切なことの一つにシャフトの選び方が挙げられますね。その中でも今回はスチールシャフトに着目してみます。有名メーカー別にどのような違いがあるのか知ることで今後のクラブ選びに重宝する知識になること間違いありません。

クラブ選びに大切なことの一つにシャフトの選び方が挙げられますね。その中でも今回はスチールシャフトに着目してみます。有名メーカー別にどのような違いがあるのか知ることで今後のクラブ選びに重宝する知識になること間違いありません。

スチールシャフトとカーボンシャフトの違いを知る!

まず、クラブ選びの際に2種類のシャフトがあることを知っておきましょう。

それはスチールシャフトとカーボンシャフトです。

どちらにもメリットデメリットはあるのですが、大きな違いは手にかかる衝撃とメンテナンスのしやすさでしょう。

一般的にスチールシャフトの方が手にかかる衝撃は強く、金属なので錆びる心配もあるのでメンテナンスがこまめに必要と言われています。

しかしながらここまでスチールシャフトが普及しているメリットとしてやはりショットが安定しやすいという点が大きく影響しているのです。

そんなスチールシャフトを今度はメーカー別に検証して見ましょう。

トゥルーテンパーのダイナミックゴールドシリーズ!

メーカー別で違いを見るには欠かせないメーカーがトゥルーテンパーです。

スチールシャフトのパイオニアのような存在でここのダイナミックゴールドシリーズが多く普及しているスチールシャフトとなっています。

特徴としては重量が他と比べて重いというところが挙げられます。

シャフトが重いとそれだけ反動でボールを飛ばすことができますよね。ヘッドスピードを出すことが出来る上級者向けのスチールシャフトと言えるでしょう。

玉の弾道としては低くて重い玉を打ち出せるので、伸びのある球筋を楽しむことができますよ。

日本シャフトのN.S.PRO 950GH!

メーカー別の違いを知るために比較として欠かせないメーカーがこの日本シャフトでしょう。

先程のトゥルーテンパーと比べられることが非常に多いため知っておくことは大切です。そんな日本シャフトのスチールシャフトと言えばN.S.PRO 950GHになります。

特徴としては非常に軽量でラクに打ち出せるというのが利点となります。

ショットのコントロールがしやすくなるという点では初心者にも愛用しやすいスチールシャフトとなるでしょう。

KBSのC-Taper!

先ほど挙げた2社とはまだまだ普及率は劣りますが、それでも最近増えてきているのがKBSのC-Taperです。

こちらのスチールシャフトの特徴と言えばソフトな打撃感を出すことに成功している点が挙げられるでしょう。

そのため打ち出すときのエネルギーロスを軽減してくれて飛距離のばらつきを抑えてくれるというメリットがあるのです。

また低い鋭い弾道を出したいプレーヤーに非常に好まれています。ショットコントロールが安定するのも魅力ですね。

メーカー別にスチールシャフトの違いを見てみましたが、それぞれ違いがあることがお分かりいただけたかと思います。

自分に合うスチールシャフトはどのメーカーのものなのか、一回いろいろと試し打ちしてみることをオススメしますよ。

意外にその違いがはっきりわかるかと思います。自分にあったものを見つけていきましょうね♪

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー