クラブ

グリップの『素材』にこだわって、スコアアップしちゃいましょう!

daisuke

ゴルフクラブは重さやグリップの太さのみならず、グリップの素材選びも重要です。

握った感触がプレイに及ぼす影響はとても大きいので、握った感触が良いと感じる素材のグリップをチョイスしましょう。

ここではグリップに使われている素材や、それぞれの特徴について解説をしていきます。

グリップの素材について知識を深めたい、こだわりたいという方は是非参考にしてみてください。

ゴルフクラブは重さやグリップの太さのみならず、グリップの素材選びも重要です。

握った感触がプレイに及ぼす影響はとても大きいので、握った感触が良いと感じる素材のグリップをチョイスしましょう。

ここではグリップに使われている素材や、それぞれの特徴について解説をしていきます。

グリップの素材について知識を深めたい、こだわりたいという方は是非参考にしてみてください。

グリップにはどんな素材が使われているの?

ゴルフクラブを選ぶ際は様々な点に注意を払う必要があります。

しっかりと手に馴染んでフィットさせるためにはグリップの素材にもこだわりたい所です。

グリップの素材にはどのようなものがあるか見てみましょう。

硬いものから柔らかいものまでありますが、

樹脂系コンパウンド
ラバーを使ったタイプ
コード入りのタイプ

など様々なので、握った感覚や手の皮の厚さに合った素材のグリップを選びましょう。

硬い素材と柔らかい素材ではどちらがいいの?

硬い素材のグリップを使用すると、打感がダイレクトに身体に伝わってきます。

それに対して、柔らかい素材のグリップを使用するとクッション性があるので打感も柔らかく身体に伝わってきます。

一概にどちらがいいとは言えませんが、手の皮が薄い女性は柔らかい素材のグリップを使用した方がいいというケースが多いようですね。

パワーのある男性は柔らかめではなく、ハードで滑りづらい素材が好まれるようです。

もし硬い素材のグリップで長時間プレイする場合は、グローブを着用して手をカバーするなどの対処をしましょう。

コード入りグリップのメリット

コード入り素材のグリップの特徴についてですが、汗をかいた時や雨の日に手が滑りにくいというメリットがあります。

糸が練りこまれており、その糸が水分を吸収するため汗をかきやすい季節や雨の日で使用するのに向いているといえます。

しかしコード入りなので硬く感じたり、凹凸がある分、手が痛いと感じる人もいるようです。

コード入りと一口に言っても様々なタイプがあり、中には左手で握る部分にだけコード加工がされているというものもあります。

ショップによってはサンプルのクラブがあるので試打してみると良いでしょう。

樹脂系コンパウンドの特徴

最近のゴルフクラブではグリップに樹脂系コンパウンドの素材を使用したものをよく見かけます。

樹脂系コンパウンドは従来のゴム素材のものと比べると柔らかくしっとりとした印象があるので、ソフトな感覚が好きな人に好まれる素材かもしれません。

しかし、パワーヒッターの方がこのような柔らかい素材のグリップを使用すると、打感がなくコントロールしづらいと感じてしまう人もいるようです。

自分のショットのスタイルに合わせてグリップの素材を選ぶことをオススメします。


ゴルフクラブのグリップの素材もこだわって追求していくととても奥が深くて驚いてしまいます。

グリップは身体とクラブが接する唯一の箇所なので、こだわってみたい部分ですね。

この機会に自分に合った素材を見つけてみてはいかがでしょうか?

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー