“3つのチカラ”で飛ばす!ピン「G400」シリーズ発表!
ゴルフクラブ

“3つのチカラ”で飛ばす!ピン「G400」シリーズ発表!

Gridge編集部

ピンゴルフジャパンは、7月11日、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド(ウッド型ユーティリティ)、クロスオーバー(アイアン型ユーティリティ)、アイアンからなるフルラインアップの新製品「G400」シリーズを都内イベントホールで発表しました。

“3つのチカラ”とはいったい!?

ピンゴルフジャパンは、7月11日、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド(ウッド型ユーティリティ)、クロスオーバー(アイアン型ユーティリティ)、アイアンからなるフルラインアップの新製品「G400」シリーズを都内イベントホールで発表しました。

“3つのチカラ”とはいったい!?

全米オープンで飛距離、FWキープ率1位!

全米オープンで飛距離、FWキープ率1位!

新製品の発表に先立ち挨拶した、かつてピンゴルフジャパン社長を務め今年の1月にアメリカ本社の社長に就任したジョン・K・ソルハイム氏は、

「契約・契約外に関わらず、多くの選手が『G400』へ素早くスイッチしました」

と語り、プロ選手へのシーディング(種まきの意。ここではプロ選手に渡すこと)が始まった今年の全米オープンで、13選手がドライバーを、10選手がフェアウェイウッドをバッグに入れたとのこと。

さらに、同試合では、モデル別のドライバーの飛距離とフェアウェイキープ率の両部門でNo.1を記録しました。

また、先週行われた長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップでは、同ドライバーを使用するチャン・キム選手が優勝、ドライバー飛距離も363.8ヤードを記録しました。

※ジョン・K・ソルハイム氏の祖母で、ピン社の創始者カーステン・ソルハイム氏の妻、ルイーズ・ソルハイムさんが7月8日に逝去されました。99歳でした。

ルイーズさんは、現在ではピン社の代表的な(というよりも世界一有名な)パターとなった「アンサー」のモデル名が決まった際、当時の技術では「ANSWER」という6文字をパターヘッドに刻印できないという問題に対して、「“W”は発音しないから「ANSER」でいいんじゃない?」という発案をしたという逸話が有名なアイデアウーマンでした。

謹んでご冥福をお祈りします。

「ブレない」「抵抗しない」「反発する」3つのチカラ!

「ブレない」「抵抗しない」「反発する」3つのチカラ!

「G400」シリーズ共通のキャッチフレーズは、

「ブレない。抵抗しない。反発する。3つのチカラでブレずに飛ばせ!」

というものです。それぞれの意味は、

-「ブレない」は、高MOI(慣性モーメント)や深低重心設計により、ミスヒットしても真っすぐ飛ぶということ

-「抵抗しない」は、ドライバーでは、体積を小さくしたり、タービュレーターという突起をクラウンに設計することで空気抵抗を軽減しヘッドスピードをアップさせること、フェアウェイウッド、ハイブリッド、クロスオーバー、アイアンでは、フラットソール形状などにより、地面の抵抗を少なくし振り抜きをよくすること

-「反発する」は、新素材フェースなどにより、初速アップや高弾道化が実現したこと

としています。

特に注目する点は、現在市販されているほとんどのドライバーがルール上認められている最大限の体積である460ccで設計されているのにもかかわらず、G400では、空気抵抗を削減するための手段の一つとして体積を445ccと小さくしていることです(写真)。

しかも、体積が小さくなっているのにもかかわらずMOI(慣性モーメント)はアップし、寛容性が上がっています。

このことに対してソルハイム社長は「エンジニアとして誇れる成果だ」と発言していました。

ピン契約の男子選手・コーチが揃い踏み!

ピン契約の男子選手・コーチが揃い踏み!

今回の発表会には、ピン契約プロの永野竜太郎、塚田好宣、亀代順哉、プロコーチの堀尾研仁、鶴見功樹が登壇しました(写真左から、鶴見コーチ、亀代プロ、永野プロ、塚田プロ、堀尾コーチ)。

3選手の「G400」ドライバーに関するコメントは以下の通りです。

永野プロ「一言で言えば『飛ぶ』。左右のバラつきも減って、安心して振れる」
塚田プロ「打感も気に入った。『G』シリーズを継承していて、曲がらない」
亀代プロ「今日初めて打ったけど、初速、飛距離とも現在使用中のものより上がっている」

ドライバー、フェアウェイウッドは各3モデルあります!

ドライバー、フェアウェイウッドは各3モデルあります!

今回発表された「G400」シリーズのラインアップは以下の通りです。

ドライバー
・G400ドライバー(スタンダードタイプ・写真中)
・G400 SFテック ドライバー(つかまりのいいタイプ・写真左)
・G400 LSテック ドライバー(低スピンで飛ばすタイプ・写真右)
※いずれも6万3000円+税(標準シャフト)~

フェアウェイウッド
・G400 フェアウェイウッド(スタンダードタイプ)
・G400 SFテック フェアウェイウッド(つかまりのいいタイプ)
・G400 ストレッチ3 フェアウェイウッド(ロフト13度の飛距離重視スプーン)
※いずれも4万1000円+税(標準シャフト)~

ハイブリッド(ウッド型ユーティリティ)
・G400 ハイブリッド
※3万5000円+税(カーボンシャフト)、3万1000円+税(スチールシャフト)

クロスオーバー(アイアン型ユーティリティ)
・G400 クロスオーバー
※3万5000円+税(カーボンシャフト)、3万1000円+税(スチールシャフト)

アイアン
・G400 アイアン
※2万円+税(カーボンシャフト、1本)、1万7000円+税(スチールシャフト)


詳細はピンゴルフジャパンオフィシャルホームページ「CLUB PING」まで!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

“3つのチカラ”で飛ばす!ピン「G400」シリーズ発表!

メニュー