夏のゴルフは、熱中症対策とスタミナ対策が重要!
ライフスタイル

夏のゴルフは、熱中症対策とスタミナ対策が重要!

Gridge編集部

こんにちは、Gridge編集部のじゅんやあくです。

暑い日が続きますが、Gridge読者の皆様に置かれましては、元気にゴルフしていることと存じます。

さて、まもなく梅雨も明けて(明けた?)、夏本番を迎えます。

夏ゴルフでもっとも気をつけなければいけないのは、熱中症対策ですね。

さらに、体力を奪う暑さの中で、18ホールを回り切るにはスタミナ対策も欠かせまぜん。

そこで、私が実践している夏ラウンドの対策をご紹介します。

こんにちは、Gridge編集部のじゅんやあくです。

暑い日が続きますが、Gridge読者の皆様に置かれましては、元気にゴルフしていることと存じます。

さて、まもなく梅雨も明けて(明けた?)、夏本番を迎えます。

夏ゴルフでもっとも気をつけなければいけないのは、熱中症対策ですね。

さらに、体力を奪う暑さの中で、18ホールを回り切るにはスタミナ対策も欠かせまぜん。

そこで、私が実践している夏ラウンドの対策をご紹介します。

前日はぐっすり睡眠を!

前日はぐっすり睡眠を!

ゴルフの前日は、ワクワクして眠れない……という人も多いでしょうが、睡眠不足の状態で長時間炎天下のフェアウェイでゴルフをすることはたいへん危険な行為です。

前日にお酒を飲みすぎない、PCやスマートフォンを寝る直前まで見ない、ぬるめのお湯にゆっくり浸かりましょう。

熱中症対策にはこまめな水分補給を

熱中症対策にはこまめな水分補給を

熱中症対策でまず一番重要なのは、こまめに水分を補給することです。

「のどが渇いてきたかなー?」と感じ始めてから補給していては遅すぎます。

ティーショット打ったら飲む、2打目打ったら飲む……など、こまめに水分を補給することをオススメします。

水分は、ただの水よりも、いっしょに塩分や糖分も摂取できるスポーツドリンク系がいいでしょう。

なかでも、ハイポトニック飲料は、水よりも早く体内に吸収されるのでオススメです。

「ヴァームウォーター パウダー」なら、個包装パック1包を500mlのペットボトルの水に溶かすだけという手軽さなので、パウダーを必要な分だけ持っていけばいいという便利さです。

スタミナ対策には、プレー前の日焼け止めとアミノ酸摂取!

スタミナ対策には、プレー前の日焼け止めとアミノ酸摂取!

夏のゴルフは、徐々にゴルファーから体力を奪い去っていきます。

それを防ぐためには、まず、日焼け対策が重要です。

日焼けをすると、体がダメージを受けてより体力を消耗し、疲労感が倍増します。

顔や両腕、短パンの場合には足に日焼け止めを塗るのはもちろんのこと、目の日焼け対策としてUVカットのサングラスも重要です。

また、ショットとショットの間で歩いているときや、ティーグラウンドで待っている間で日陰に入れないときは、カートに備え付けてある傘を差すのも疲労防止には効果的です。

そして、最後まで集中力を保ってプレーするためにオススメなのが、「スーパーヴァーム」です。

「スズメバチがなぜ長距離・長時間飛行し続けることができるのか?」という疑問を研究して見つけたスズメバチから学んだアミノ酸バランス「V.A.A.M.」3000ミリグラムに、エネルギー産生に重要なコエンザイムQ10、L-カルニチンを配合。

動き続けるカラダをサポートしてくれ、上がり3ホールでもバテない、最後まで集中力を切らさずにラウンドすることを助けてくれます。

こちらは、ラウンドスタート30分前に摂取すると、より効果的です。

いかがでしたか?

いかがでしたか?

ここまで読んで、タイトルに【PR記事】の表記もないので、「あれ? 『ヴァーム』のステマ※かな?」と思う方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、なんと、純粋に私が普段愛用していてお気に入りなので、このような記事を制作した次第です。


……と、いうわけで、真夏のラウンドで好結果を生み出すのは、十分な睡眠、適度な水分補給、日焼け予防、アミノ酸摂取です。

この4つを守って、夏でも元気に快適にラウンドしましょう!


※ステマ(ステルスマーケティング)-消費者に(有償の)宣伝と気づかれないように宣伝行為をすること。

※2017年7月12日修正:最新の研究では、クーラーをつけっぱなしにして、掛け布団で寒暖を調整することを推奨しているため、当初記述(つけっぱなしはNG! 電源を切ってから寝るか、タイマーを設定するなどしましょう)を削除しました。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

夏のゴルフは、熱中症対策とスタミナ対策が重要!

メニュー