『一人で始められる』ゴルフ初心者がまずはじめに練習した方がいいクラブとその練習方法

getty

初心者

『一人で始められる』ゴルフ初心者がまずはじめに練習した方がいいクラブとその練習方法

とや

「ゴルフを始めよう!」と思っても教えてくれる人がいなかったり、正しい練習方法が知りたいのにどうすればいいのかよくわからない。

そんな悩みを持つ方も多いでしょう。そんなゴルフ初心者が、まず最初にやったほうがいい練習法を紹介していこうと思います!

「ゴルフを始めよう!」と思っても教えてくれる人がいなかったり、正しい練習方法が知りたいのにどうすればいいのかよくわからない。

そんな悩みを持つ方も多いでしょう。そんなゴルフ初心者が、まず最初にやったほうがいい練習法を紹介していこうと思います!

STEP1:まずはショートアイアンを手に入れて練習場へレッツゴー!

STEP1:まずはショートアイアンを手に入れて練習場へレッツゴー!

getty

ゴルフを言えばドライバーが華ですよね。
低い弾道で、ゴルフボールがかっ飛んで行くのを見るのは爽快そのものです。

でも初心者はいきなりドライバーの練習から入るのはおすすめできません。実際練習場に初めて行って、初めてドライバーを振ってもまともに飛ばない(当たらない)からです。

初心者が練習するにはまずはショートアイアン1本あれば練習場で練習することができますので、まずはこれを手に入れることから始めましょう!

ショートアイアンとは9番やPWあたりを指します。練習用と割りきって1本だけ中古クラブを買うのもいいですし、最初から好みのブランドやデザインなどでセットを揃えてしまうのもいいでしょう。

STEP2:スイングは振りぬかない!まずは「手打ち」で大丈夫!

STEP2:スイングは振りぬかない!まずは「手打ち」で大丈夫!

getty

初心者はまず「手打ち」を練習しましょう。体の動きを使わず、手だけで打つ練習ですね。ボールを打つ動作で一番シンプルな練習法です。

このとき意識するのが
・ボールを飛ばしたい方向に右手(右打ちの場合)の平を向けるようにする
・アイアンのフェース(打球面)を打ちたい方向に垂直に当たるようにする
・下半身はベタ足で、腰の動きは使わない
・腕は固定させるイメージで、肩の動きでボールを当てる
この4点に注意しましょう。

強くスイングしてボールを飛ばすことは意識しなくて大丈夫です。まずは手打ちでボールを捉える感覚を養いましょう。

STEP3:体の上下動を抑えてやってみよう!

STEP3:体の上下動を抑えてやってみよう!

初心者に限らず中級者以上でもたまに見られるのが「ダフり」。練習場などでも、周囲から「ドスッ」「ボフッ」といったダフり音が聞かれますよね。

これには
・クラブを振り上げる
・強く振ろうとして体重の沈み込みを使って動き始める
・その結果体が下がってダフる
という動きの連鎖が原因となっていることが多いんです。

「強く振ろう、遠くへ飛ばそう」という意識が邪魔をしてこのような上下の動きが出やすくなるんです。この練習法では力は不要です。

アドレスした時から頭、肩がその場に固定されているようなイメージを持つと体が動きにくいですよ。

STEP4:ゴルフクラブにはフェースがあることを意識して!

STEP4:ゴルフクラブにはフェースがあることを意識して!

getty

野球のバットなどと違ってゴルフクラブはフェースがありますよね。

ボールに当たる瞬間、このフェースの向きによって飛ぶ方向が大きく変わります。初心者の場合「フェース」を意識していない人が多いんです。

そのためフェースがズレていると自分が思っていない方向にボールが飛んで行くことになるんですね。

また初心者の場合、スイングに慣れていないため力が入らず、フェースが外に逃げてしまうことが多くあります。

アドレスのときの右手の面とフェースの面を合わせて、ボールに当てるイメージを持つようにしましょう。

このイメージは手打ちでも、実力が上がってきてフルスイングでも変わらないため非常に有効な練習法です。

まとめ

以上を意識して「手打ち」を実践してみましょう。

思いっ切り振り抜く感じは確かにありません。打球音も「カツン」というちょっと寂しいものです。

けれど何事も基本は大切ですので、初心者だからこそまず最初はスイングの土台をマスターすることから始めましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー