ゴルフウェア

私が選ぶゴルフグローブランキング ベスト2 + 1

Ryo

ゴルフグローブをどのように選んでいますか?

ブランドや価格、デザインで選んでいる方が多いと思います。

グローブは自分の体と、ボールを打つクラブの唯一の接点です。

できるだけ素手の感覚に近く、滑らない物(グリップ力)がある物をお勧めします。

かなり大切なアイテムですので、ご参考にしていただけたらと思います。

ゴルフグローブをどのように選んでいますか?

ブランドや価格、デザインで選んでいる方が多いと思います。

グローブは自分の体と、ボールを打つクラブの唯一の接点です。

できるだけ素手の感覚に近く、滑らない物(グリップ力)がある物をお勧めします。

かなり大切なアイテムですので、ご参考にしていただけたらと思います。

No.1 <Titleist> PROFESSIONAL

私が選ぶNo.1はタイトリストのプロフェッショナルです。

ツアープロも使用率が高いこのグローブですが、装着した時のフィット感が抜群です。

質感はしっとりしていて、クラブを握った時には全くと言ってよいほど滑らないです。

オフィシャルのHPにありますが…

“最高級天然羊革(エチオピアシープ)を柔らかくなめし、軽く、薄く、手にしっとりと馴染む抜群の一体感を実現。”

まさにその通りです。

ただ、白は良いのですが黒のグローブだと、汗などで湿ってくると爪の間や指などが黒く着色する事がありますのでご注意下さい。

私は白をお勧めします。

No.2 <Foot Joy> StaSof

私が選ぶNo.2はフットジョイのステイソフです。

こちらのグローブもタイトリストのプロフェッショナルと甲乙付け難いグローブです。

使用感は双方大差はありませんが、私がタイトリストが好きなのでこちらが2位となりました。

プロフェッショナルと違う部分は、手の甲部分の可動域にパワーネットメッシュを採用し、優れた伸縮性と通気性を実現しています。

ここだけ取ると、ステイソフの方が良いのかもしれませんね。

No.3 <kasco> TOUGH FIT

私が選ぶNo.3はキャスコのタフフィットです。

No.1、No.2のグローブは本革ですので、毎日練習するには耐久性が弱いので、練習ではこのグローブを使用しています。

キャスコのタフフィットはとにかく耐久性が高いので、練習量が多い私はかなり重宝しています。

フィット感は、本革には劣りますが、全然違和感なくスイングできますので、練習用にはかなりお勧めです!

本当は、練習もラウンドも本革グローブを使用したいのですが、お金がかかりますので、グローブを長持ちさせるなら練習は合皮グローブで、ラウンドは本革グローブでっていうのもありかと思います。

グローブは良いものを!

グローブは良いものを!

getty

上記の3つは、私が使用したグローブの中でのおすすめなので、もっと良いのがあるかもしれませんが、まだお試しではない方がいましたらぜひご参考にして下さい。

冒頭に戻りますが、グローブは自分の体とクラブの唯一の接点です。

ここはしっかり良い物を選んでみてはいかがでしょうか。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

私が選ぶゴルフグローブランキング ベスト2 + 1

メニュー