ゴルフ初心者

【初心者】スコアにまつわるゴルフ用語とラウンドのコツ

しおりん

初心者の方も、やっぱりスコアって気になりますよね。

でも、最初のうちは、よくわからない言葉が飛び交っていて、戸惑ってしまうことも。笑

そこで今回は、初心者の味方、私、しおりんが、スコアにまつわるゴルフ用語の解説や、スコアの数え方のコツ、スコアについての考え方などをお話します!

初心者の方も、やっぱりスコアって気になりますよね。

でも、最初のうちは、よくわからない言葉が飛び交っていて、戸惑ってしまうことも。笑

そこで今回は、初心者の味方、私、しおりんが、スコアにまつわるゴルフ用語の解説や、スコアの数え方のコツ、スコアについての考え方などをお話します!

まずはスコアにまつわるゴルフ用語から♪

まずはスコアにまつわるゴルフ用語から♪

getty

ゴルフのスコアは、各ホールに設定された規定打数を基準として考えます。

それぞれのホールの規定打数は、主にそのホールの距離によって変わってきます。

規定打数は、スコアカードや、ティーグラウンドに置かれているボードに記載されています!

まず最初は、規定打数でホールアウトできた場合をパー(Par)といいます。

では、パーより少ない打数でホールアウトできた場合は、何というのでしょうか?

◯規定打数より1打少ないとき(-1)

バーディー(Birdie)

◎規定打数より2打少ないとき(-2)

イーグル(Eagle)

★規定打数より3打少ないとき(-3)

アルバトロス(Albatross)

これ、実は全部鳥の名前なんですよ!

パーよりも多くなってしまったときは...

パーよりも多くなってしまったときは...

getty

次は、残念ですがパーより多くなってしまったときは、いったい何というのでしょうか?

▲規定打数より1打多いとき(+1)

ボギー(Bogey)

◼規定打数より2打多いとき(+2)
 
ダブルボギー(Double bogey)

スラングっぽく、「ダボ」っていったりします。 

■規定打数より3打多いとき(+3)

トリプルボギー(Triple Bogey)

スラングっぽく、「トリ」っていったりします。

■規定打数より4打多いとき(+4)
 
あまり使いませんが、クワドラプル(Quadruple=“4重の”の意)ボギーといいます。日本では、パー4の場合は、ダブルパー(パーの倍)といったりします。

和製英語なので、海外では通じません。笑

同じくパー4の場合、おじさまたちは「エイトマン!」と言ったりしますが、何の事かよくわかりません。笑

*番外編

これもおじさまたちの用語?で、「◯年×組」と言われる事がありますが、◯オン×パットという意味で使っていらっしゃるようです。

例えば、3オン2パットの場合、3年2組となります。笑

スコアを数えるときのコツ!

初心者の方にとって、自分のスコアを数えるということは、打数が多いだけに、けっこう大変です。

ゴルフは自己申告制です!

初心者のうちは、打つ度にボタンを押したりダイヤルを回す事で、スコアを忘れないようできる、スコアカウンターというアイテムがあるのでお勧めです!

だんだん上手になるにつれて、いらなくなってきますよ♪

後は、ドライバーを打ったらずっと7番アイアンとかでなければ、使ったクラブを覚えておくのも効果的です。

バンカーやグリーン周りなどでミスが続いてしまったら、「数えておいてー!」とお友達にお願いしちゃうのもアリですよ。笑

初心者の人にオススメ!スコアの考え方

標準的なコースでは…

パー3が4ホール
パー4が10ホール
パー5が4ホール

トータル18ホールで、規定打数は72打となっています。

初心者の方の最初の目標は…

パー3のホールは5打
パー4のホールは6打
パー5のホールは7打

つまり、すべてのホールで規定打数+2のダブルボギーでラウンドできることを目標に、まずは練習しましょう!

そうすると、ラウンド中も精神的に少し余裕も持てますし、もしその通りラウンドできたらスコアはトータル108打となり、100切りも見えてきますよ♪

やっぱりスコアは1打でも少なくラウンドしたいですよね!

私も頑張ろー♡

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

【初心者】スコアにまつわるゴルフ用語とラウンドのコツ

メニュー