ティーグラウンドは平らじゃない!ティーアップの場所を選ぶだけでスコアアップ!?

getty

ゴルフ初心者

ティーグラウンドは平らじゃない!ティーアップの場所を選ぶだけでスコアアップ!?

Little Red Book

朝のスタート時間、皆さんはティーグラウンドで、どのような準備をしますか。

多くの人は、素振りをします。念入りにスイングチェックしている人もいます。

しかし、ティーグラウンドの傾斜や凹凸を調べている人はあまりいません。

今日は「打つ前に失敗しない」ための、ティーグラウンドのチェックポイントについてお話しします。

朝のスタート時間、皆さんはティーグラウンドで、どのような準備をしますか。

多くの人は、素振りをします。念入りにスイングチェックしている人もいます。

しかし、ティーグラウンドの傾斜や凹凸を調べている人はあまりいません。

今日は「打つ前に失敗しない」ための、ティーグラウンドのチェックポイントについてお話しします。

ティーグラウンドはなぜ盛り上がっているのか

ティーグラウンドはなぜ盛り上がっているのか

getty

ティーグラウンドは、水はけを良くするため、周りの地面より少し盛り土してあります。

そして、雨水が溜まらないように、中央部が馬の背状に盛り上がっている事が多いのです。

ティーグラウンドの右側にティーアップすると、爪先下がりとなるため、一般に球はスライスします。

ティーグラウンドの左側にティーアップすると、爪先上がりとなるため、一般に球はフックします。

ティーグラウンドの左右に寄るほどこの傾向は強くなります。ティーアップする際にはできるだけティーマークの範囲で水平な場所を選びましょう。

ティーマークギリギリにティーアップしない

ティーマークギリギリにティーアップしない

getty

10センチでも飛距離を稼ぎたいと、ティーマークギリギリにティーアップする人がいます。

気持ちは良くわかるのですが、実はメリットよりもデメリットの方が多いのです。

ティーグラウンドは造成から年数が経つと、次第に風化して角が取れてきます。

そのため、ティーマークギリギリにティーアップすると、前下がりの傾斜になることがあります。

そのまま何も考えずにティーショットすると、右へスライスしてOBになる危険性があります。

そういう場合はティーマークから少し下がって、余裕を持ってティーアップしてください。

打つ前に失敗しないために、ティーグラウンドを観察しましょう

打つ前に失敗しないために、ティーグラウンドを観察しましょう

getty

ティーグラウンドでは一日に60組、240人が激しくドライバーを振り回し、スパイクとティーで地面を掘り返しています。

ですからティーグラウンドは決して真っ平らではありません。細かい凹凸もたくさんあります。

これからはティーグラウンド全体を観察して、一番平坦な場所にティーアップしてください。

打つ前にちょっと気をつけるだけで、ミスショットがかなり減るはずです。

皆さんの明日のゴルフのお役に立てれば幸いです。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

ティーグラウンドは平らじゃない!ティーアップの場所を選ぶだけでスコアアップ!?

メニュー