新世界ゴルフ屋物語第10話〜ユーティリティーは食べ物!?〜
ゴルフクラブ

新世界ゴルフ屋物語第10話〜ユーティリティーは食べ物!?〜

よっしー

名前を聞いた時の衝撃(笑)

名前を聞いた時の衝撃(笑)

初心者よっしーの疑問

初心者よっしーの疑問

聞いてビックリしたユーティリティーの通称

聞いてビックリしたユーティリティーの通称

ユーティリティーのことで真っ先に思い浮かんだのが次のことです。

初めて「たらこ」という名前を聞いたとき、食べ物でボールを打つのか?!と思考が止まりましたが、実物を見て想像した以上にたらこ色で笑った覚えがあります。

最近だと語呂合わせでフォーティーンの「バナナ」という話題のユーティリティーもありますし、クラブって面白いなぁー。と改めて思いました。

ユーティリティーはフェアウェイウッドと違い距離を出すためのクラブではなく、アイアンのようにロフト角通りの距離の打ち分けが大切になるため、フェアウェイウッドとアイアンの距離を埋める位置付けのクラブです。

ですので、クラブの長さはフェアウェイウッドより短く打ちやすくなりますが、ボールはフェアウェイウッドより低くなります。

スピン量もアイアンよりは多くなるので、グリーンで止まる弾道で打つことが出来るクラブです。

ボールも高く上がるようになっているので、ユーティリティーは簡単に打てるクラブになってきました。

女子プロもユーティリティーを使うプロが目立つようになり、アマチュアにも易しいクラブですので入れることをお勧めします。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

新世界ゴルフ屋物語第10話〜ユーティリティーは食べ物!?〜

メニュー