超名門、程ヶ谷カントリー倶楽部に行ってきました。
ゴルフコース・練習場

超名門、程ヶ谷カントリー倶楽部に行ってきました。

VANQUISH

程ヶ谷カントリー倶楽部
ゴルフ場体験記No.8

所在地:神奈川県横浜市旭区上川井町1324
開場:(現コース) 昭和42年12月10日 (旧コース) 大正11年10月15日
種別:丘陵コース
コース:18ホール PAR72
設計者:赤星四郎 ※現コース
グリーン:ベント2グリーン
開催トーナメント:◇日本オープンゴルフ選手権 (1927,1931,1941) ◇日本プロゴルフ選手権 (1957)

程ヶ谷カントリー倶楽部
ゴルフ場体験記No.8

所在地:神奈川県横浜市旭区上川井町1324
開場:(現コース) 昭和42年12月10日 (旧コース) 大正11年10月15日
種別:丘陵コース
コース:18ホール PAR72
設計者:赤星四郎 ※現コース
グリーン:ベント2グリーン
開催トーナメント:◇日本オープンゴルフ選手権 (1927,1931,1941) ◇日本プロゴルフ選手権 (1957)

戦前開場の歴史と伝統を持つ関東屈指の名門ゴルフ場

戦前開場の歴史と伝統を持つ関東屈指の名門ゴルフ場

程ヶ谷カントリー倶楽部は、日本で最初の本格的チャンピオンコースとして発足しています。

1922年(大正11年) 開場、関東で3番目の歴史を持つゴルフ場です。

1927年には、第1回日本オープンが開催されています。

2010年、公益社団法人のゴルフ場となっています。

最近では斉藤愛璃プロの所属コースとして知られています。

クラブハウス内に過去の写真や記念品を展示するブースがあり、程ヶ谷カントリー倶楽部の100年を越える歴史を教えてくれます。

ゆったりとしたドライビングレンジ

ゆったりとしたドライビングレンジ

ドライビングレンジは、打席数が25打席あり、距離も230メートルとゆったりしたつくりになっています。

ボールはコースボールになっていて、その日の距離感の確認がしっかり出来ます。

アプローチ、バンカー練習場は、この日は工事中で使用できなく残念でした。

ティーグラウンド脇にベンチが

ティーグラウンド脇にベンチが

全組キャディ付きの歩いてのラウンドになります。

メンバーには80才以上の方が多く、100才を越える方もいらっしゃるそうです。

そのせいかティーグラウンドの脇には4名が座れる腰掛があり、打順を待つ間、休息を取れるようになっています。

ラウンドの後半にはありがたい設備です。

意外ときついアップダウン

意外ときついアップダウン

コースは、 距離は短いものの適度なアップダウン、打ち上げ、打ち下ろしと、毎ホール変化に富んだレイアウトとなっています。

フェアウェイも傾斜があり、漫然と打つとセカンドがグリーンを狙えなくなる場合もあります。

コースは年期を感じさせる大きな木にセパレートされ、威圧感を感じさせます。

池やクロスバンカーが適所に配置され、かなり難しいコースになっています。

グリーンはベント2グリーン

グリーンはベント2グリーン

今回はBグリーンでしたが、速度は9.7フィート表示で、速い素晴らしいグリーンに仕上がっていました。

グリーン手前の花道は傾斜があり、ラッキーオンを拒んでいます。

また、固めのグリーンでピンハイに打つとこぼれてしまう事がたびたび。

バンカーは締まっていて、砂少なめ

バンカーは締まっていて、砂少なめ

グリーン周りはバンカーでしっかりガードされています。

砂は締まっていて目玉にはなりにくいのですが、砂が少なめでエクスプロージョンショットではバンスがはじかれてしまうようです。

あごもありちょっと手ごわいバンカーになっています。

3種類のおすすめランチ

3種類のおすすめランチ

メインのランチはA、B、Cの3種類をシェフが日替わりで提供しています。

他にサンドウィッチが数種類とデザート。

休憩時間が30分ほどなので、短い時間での提供を心掛けているようです。

今日はAランチのスズキのムニエルイタリアンをチョイス。

トマトソースベースにチーズも効いていて、まさにイタリアンな味付けで美味しかったです。

まとめ

まとめ

今回が初めての来場でした。

当初、超名門なので、ゴージャスなイメージを持っていましたが、かなり硬派なゴルフ場でした。

もう少し腕を上げて再チャレンジしたいと思います。

当日はまだ桜が残っており、椿やカリンの花も咲き、とてもきれいなお花見コースになっていました。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

超名門、程ヶ谷カントリー倶楽部に行ってきました。

メニュー