ゴルフクラブ

大評判のキャロウェイGBBエピック、「サブゼロ」と「スター」を比較!

とや

今年2月に発売されて以来、「めっちゃ飛ぶ!」と評判なのがキャロウェイのGBBエピック。

プロゴルファーたちもこぞって使い始めてますます話題になっていますよね。

GBBエピックには「サブゼロ」と「スター」という2種類がありますが、一体どちらを選べばいいのか、何が違うのかをここでは解説していきたいと思います。

今年2月に発売されて以来、「めっちゃ飛ぶ!」と評判なのがキャロウェイのGBBエピック。

プロゴルファーたちもこぞって使い始めてますます話題になっていますよね。

GBBエピックには「サブゼロ」と「スター」という2種類がありますが、一体どちらを選べばいいのか、何が違うのかをここでは解説していきたいと思います。

GBBエピックはとにかく飛距離が出る!

GBBエピックはとにかく飛距離が出る!

getty

プロゴルファーですらかなり飛距離が出ている!と実感できる程のインプレッションをしているのが特徴のエピックシリーズ。

このエピックの特徴はヘッドの内部、フェース寄りに縦に2本入った柱に秘密があります。

インパクトの際、ヘッドが多少なりたわむものなのですが、この2本の柱を入れることによってヘッドそのものの変形を抑えています。

ヘッドがたわんでその分パワーロスをしていたものを、フェースの反発へと変換してくれています。

無駄なくヘッド全体の反発力をボールに伝えることができる設計になっており、その結果がこの飛距離へとつながっているんですね。

どちらのモデルも低スピン強弾道

どちらのモデルも低スピン強弾道

getty

「サブゼロ」、「スター」ともに低スピン強弾道。

データによれば「スター」が標準的な弾道で、「サブゼロ」はそれよりも少し低くなるんです。

なのでボールが吹け上がる人には「スター」をそのまま使っても、高さを抑えた強いボールが打てるようになってくる可能性が高くなりますね。

逆にボールが上がらない人はロフト角を確認して、ロフト角の大きなモデルを選ぶか、ロフト角調節可能な「サブゼロ」に軍配が上がるかもしれません。

いずれのモデルも打感の柔らかさは同等程度。

ボールの捕まりや上がりやすさについては「スター」の方に分があります。

「サブゼロ」の特徴を見てみよう

「サブゼロ」はスターに比べると、打ち出しが低く、スピンももともと低め。

そのため向いているゴルファーのタイプは、ヘッドスピードが速いゴルファー。

さらに、捕まりすぎたり、ボールが吹け上がるようなタイプは「サブゼロ」を選ぶといいでしょう。

ラインナップのロフト角も9.0度からと、低くて強い弾道のボールを打ちたいゴルファーにはうってつけです。

ヘッドスピードが概ね平均45メートル/秒を超える方であれば、この「サブゼロ」の低スピン、強弾道という特徴を最大に享受することができます。

調整機能のウェイトはソール後方に配置してあります。

こちらは埋め込み式で“つける”か“外す”かのいずれかのみ。

その代わりフェース向きとロフト角はネック部分で行えるようになっています。

「スター」の特徴を見てみよう

「スター」は低スピンでありながら、「サブゼロ」ほど極端ではありません。

それでも低スピンであることに変わりありませんが、ある程度標準的なドライバーと近い弾道の高さを確保しています。

「サブゼロ」はヘッドスピード45メートル/秒を超えるゴルファー向けとしましたが、それ未満のゴルファーはこちらの「スター」の方がしっくりきます。

ラインナップのロフト角は9.5度と10.5度の2種類。

「サブゼロ」よりもボールがつかまりやすく、上がりやすいのが特徴です。

調整機能は、ソール後方にスライド式のウェイトが配置されています。微調整が可能なので、自分の弾道や出球方向に応じて細かな設定ができるのが魅力ですね。

もちろんそれでいて「サブゼロ」とでも飛距離は引けを取りません。

「サブゼロ」と「スター」、どっちにする?

大人気の「サブゼロ」と「スター」を比較してみました。

購入になかなか踏み切れない貴方、ぜひこちらを参考にしてみてはいかがでしょうか?

今年は“若いもん”に飛距離で置いて行かれたくありませんからね。

いっぽう、もしあなたが“若いもん”なら、いつも飛距離で負けているあのオヤジに「あっ」といわせるチャンスかもしれませんよ?

このGBBエピックシリーズの「飛び」をぜひ体感してみてください!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

大評判のキャロウェイGBBエピック、「サブゼロ」と「スター」を比較!

メニュー