ライフスタイル

SPF・PAの基本と焼きたくない人にオススメの日焼け止め♪

rashifamido

紫外線は美肌の大敵です。日焼けした直後はすぐに肌は回復しても時間が経つとしみやシワ、そばかすといった症状で現れてきます。

紫外線の強い夏の日は場所やシチュエーションに合ったSPF・PAの日焼け止めを使いましょう。ここではSPF・PAの基本的な解説とオススメの日焼け止めを紹介していきます。

紫外線は美肌の大敵です。日焼けした直後はすぐに肌は回復しても時間が経つとしみやシワ、そばかすといった症状で現れてきます。

紫外線の強い夏の日は場所やシチュエーションに合ったSPF・PAの日焼け止めを使いましょう。ここではSPF・PAの基本的な解説とオススメの日焼け止めを紹介していきます。

より効果的に紫外線を防止するために知っておきたい事

日焼け止めと一口に言っても様々なタイプのものがありますが、ただ単に商品パッケージや価格の安さに惹かれて購入したりしていませんか?

日焼け止めには紫外線を防止する効果を示すSPF・PAという指標があるのでその意味を理解した上で購入することをオススメします。

意味を知らなくて購入しても日焼け止め効果が全くないという事はありませんが、より効果的に紫外線を予防するのであればしっかりと理解しておく必要があります。

SPF・PAについて

日焼け止めクリームには必ずSPF・PAの数値が記載されています。簡単に説明をしておきますと、SPFとは紫外線B波を防ぐ数値です。

表記としてはSPF30、SPF50といったように数字がありますが、この数字が高ければより紫外線を防止する効果が高いとされています。

続いてはPAですがこちらは紫外線A波を防ぐ数値です。表記のされかたはPA+、PA++、PA+++、PA++++の4段階があり「+」が多いほど効果が高いとされています。

絶対に肌を焼きたくないという人には一概には言えませんが、PA++++やSPF50と表記された日焼け止めをオススメします。

肌に優しい日焼け止めの紹介

具体的にどんな日焼け止めがオススメなの?と気になっている人も多いかと思いますのでオススメの商品を紹介させていただきます。

紹介させていただくのは「POLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド 」という商品です。

この商品のSPF・PAの数値はSPF30、PA+++です。SPF・PAがもっと高い方がいいのでは?という声が聞こえてきそうですが、日常生活において紫外線をブロックするにはSPF30、PA+++という数値であれば十分です。

この商品は肌へのダメージがほとんどなく肌に優しいのが特徴です。

紫外線をシャットアウトしたい方へオススメの日焼け止め

先ほどは日常生活において使用することを目的とした日焼け止めでしたが、今回は海水浴やゴルフなど肌の露出が多い場所で使用する際のオススメの日焼け止めをご紹介します。

外にいる時間が長い場合は「POLA ホワイティシモUVブロック シールドホワイト」という商品をオススメします。

SPF・PAの数値もSPF50、PA++++と紫外線防止の数値はどちらも最大です。この日焼け止めがあれば紫外線対策は問題ありませんが、肌への刺激が若干強いため、肌荒れを起こしている方へはオススメできません。

あくまでも健康な肌の方へオススメします。SPF・PAの基本的な解説とオススメの日焼け止めを紹介させていただきましたが、お役に立てましたでしょうか?

SPF・PAの数値はただ高ければいいというものではないので、場所やシチュエーションに合わせた使い方をする必要があります。

自分の肌の状態とも相談しながら紫外線を防ぐ最善の方法を見つけてください!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー