意外と知らないOBのルール

getty

ゴルフ初心者

意外と知らないOBのルール

Little Red Book

初心者の皆さんは、OBを打った場合、前進ティーから4打目を打っていますよね。

この「前進4打」は日本だけの特別ルールなのですが、非常に広く普及しています。

そのためゴルフ歴は長くても、正しいOBの処置を知らない人がたくさんいるのです。

今日は「知っているようで知らないOBのルール」についてお話しします。

初心者の皆さんは、OBを打った場合、前進ティーから4打目を打っていますよね。

この「前進4打」は日本だけの特別ルールなのですが、非常に広く普及しています。

そのためゴルフ歴は長くても、正しいOBの処置を知らない人がたくさんいるのです。

今日は「知っているようで知らないOBのルール」についてお話しします。

1打の罰を加えて打ち直す

1打の罰を加えて打ち直す

getty

世界最古のゴルフルールには「ボールを紛失した場合は直前にプレーした地点に戻り1打の罰を加えて打ち直す」という趣旨の内容が書いてあります。

現在のルールも基本的にはこれと同じです。

ティーショットがOBの場合、ティーグラウンドに戻り1打の罰を加えて3打目として打ち直します。

OBを打ったら直前にプレーした地点に戻って1打の罰を加えて打ち直す。

これが世界共通のゴルフのルールです。

罰則ではなく救済策

罰則ではなく救済策

getty

ゴルフは自然の中で球を打つゲームです。何が起こるか予測がつきません。

どんな場合でもゲームを継続できるように「前の場所に戻って1打の罰を加えて打ち直す」というルールがあるのです。

このルール、初心者のうちはOBや紛失に対する「罰則」に見えるかもしれません。

しかし実はゲームを続けるための「救済策」であることが次第に理解できるようになると思います。

OBの境界線

OBの境界線

OB(アウトオブバウンズ)とは、(a)コースの境界の外側と、(b)コース内であっても山奥や密林などまともにプレーができない区域を指します。

OBの境界線は白杭等によって定められています。

正確にはOB杭の内側を結んだ線が境界です。

球がちょっとでも線に引っ掛っていれば「セーフ」

球が全部OB区域に入っていたら「アウト」です。

真上から見ると、上の図のようになります。

暫定球宣言でスマートに

暫定球宣言でスマートに

getty

ティーショットでOBを打つとものすごく焦りますよね。

そんな時はまず深呼吸をしてください。

そして4人が全員打ち終わったら、「暫定球を打ちます!」と宣言してみてください。

周囲は「おおっ!」と驚き、こいつわかってるなと一気にあなたの株が上がるはずです。

但し同伴者に「今日は混んでるし、前進4打を使いましょう」と言われたら素直に従いましょう。

暫定球宣言がさらっとできるようになれば、そろそろ初心者卒業です。

OBの球は無理に探さない

OBの球は無理に探さない

getty

最後にもう一つ、OBのお作法を。

OBになった球をいつまでも探してはいけません。

潔くあきらめて次の一打に向かいましょう。

それとOB杭(白杭)は固定物なので、絶対に抜いたり動かしたりしてはダメですよ。

競技失格になります。

OBの正しいルールを知った上で、時と場合に応じてローカルルールで楽しくプレーしてください。

以上知ってるようで知らないOBルールでした。

皆さんの明日のゴルフのお役に立てれば幸いです。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

意外と知らないOBのルール

メニュー