【ファッション】4~6月・気温に合ったウェア紹介♪
ゴルフウェア

【ファッション】4~6月・気温に合ったウェア紹介♪

CURUCURU

いよいよ、春のシーズン。季節の変わり目のラウンドは、どれぐらい着込めばいいか悩みますよね。

4月~6月のラウンドで、気温に合わせ、何を着ればいいのかをご紹介します。

いよいよ、春のシーズン。季節の変わり目のラウンドは、どれぐらい着込めばいいか悩みますよね。

4月~6月のラウンドで、気温に合わせ、何を着ればいいのかをご紹介します。

◆まずは、当日の天気予報をチェック!

◆まずは、当日の天気予報をチェック!

getty

ラウンドの1週間前になったら、天気情報サイトで当日の天気、気温をチェックします。

週間予報は、広範囲での予報になるので、あくまで参考と考えます。

ゴルフ場は、街中よりも標高が高いことが多いので、 予報気温よりも少し温度が低いことを想定しておきましょう。

この時点で雨予報であれば、レインウェアの準備もお忘れなく!

◆4月:日中はあったか。朝晩の寒暖差に注意 最高気温16~19度

◆4月:日中はあったか。朝晩の寒暖差に注意 最高気温16~19度

桜咲く頃から、安定して温かくなってきますね。

日中はUV系インナーや長袖カットソーを下に来て、ポロやカーディガン、パーカーで過ごすことができるようになってきます。

長袖ポロとニットベストも◎ゴルフ場らしいトラッドコーデに!

ただ、朝晩は冷えることもあるので、薄手のウィンドを持っていくと安心です。

小さく折りたためるタイプがかさばらないのでオススメです。

風が強そうな日には、防風機能があるスニードジャックなどがいいですよ!

スカートなら、ハイソックスやニーハイ、ロングパンツならクロップド丈で春らしいコーデを楽しめます。

◆5月:半袖と長袖の境目。紫外線に注意! 最高気温:20~23度

◆5月:半袖と長袖の境目。紫外線に注意! 最高気温:20~23度

ゴルフベストシーズンと言われる5月。ゴールデンウィークもあり、ラウンドの機会が多くなる月です。

日差しが強い日には、半袖でもプレーできますが、忘れてならないのが、「紫外線」。

5月が一番紫外線が強いと言われています。

日焼けしたくない人は、UVインナーやレギンスは必需品です。

曇りの日は肌寒いので、薄手のアウターを着て調整しましょう。

◆6月:梅雨到来!急な雨に用心。 最高気温:22~26度

◆6月:梅雨到来!急な雨に用心。 最高気温:22~26度

ゴルファーにとって、いや~なシーズン。。。梅雨です。

レインウェアの常備はもちろんですが、正直、途中で着用するのは面倒だし、小雨程度なら着たくないのも本音。

撥水加工&浸透性があるブルゾンやスニードジャックがおススメです。

雨が降ると体感温度が下がるので、長袖が丁度よく感じます。

またブルゾンやスニードジャックなら、半袖⇔長袖の2WAYウェアも多いので、暑い時は、袖を取って調整しましょう。

6月の晴れ間にラウンドの時は、暑~い日差しが照りつけるので、熱中症対策もお忘れなく!

雨の日も蒸し暑~いので、要注意です。

◆『服装指数』をチェックしよう!

◆『服装指数』をチェックしよう!

最初に書いた週間予報の他に、知っておくと便利なサイトをご紹介します。

日本天気協会が提供している 『服装指数』です。

http://www.tenki.jp/indexes/dress/

着込み具合などをイラストでわかりやすくお知らせしています。

ゴルフの時はもちろん、普段でも活用できます。別ページには、紫外線情報やゴルフ場のピンポイント天気もあります。

色とりどりのウェア揃う春のシーズン。暑すぎる、寒すぎることなく、お天気に合わせて丁度いいコーデで、ゴルフを楽しみましょう!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

【ファッション】4~6月・気温に合ったウェア紹介♪

メニュー