ゴルフコース・練習場

“隠れ名門コース”を紹介するシリーズ!第9回「泉カントリー倶楽部」

PAR RUSH 01

今回は千葉県の「泉カントリー倶楽部」です。

東関道千葉北ICから16号を鷹之台CCの入口を横目にしばらく走り田園地帯を抜けて春の桜が咲く頃には桜吹雪に包まれる中でクラブハウスに到着します。

※写真は泉CCのサイトから引用しています。

今回は千葉県の「泉カントリー倶楽部」です。

東関道千葉北ICから16号を鷹之台CCの入口を横目にしばらく走り田園地帯を抜けて春の桜が咲く頃には桜吹雪に包まれる中でクラブハウスに到着します。

※写真は泉CCのサイトから引用しています。

BSシャパン「ゲームの決断」で放映されました!

メンバーコースですが、住友系列で法人が中心のコースのようです。

今年の1月に放映されたBSジャパン「ゲーム決断」で片岡大育プロがゲストで出演した番組の舞台となりましたので見た方もいると思います。

※YouTubeから引用

まず、クラブハウスに入って感じたことは!

まず、クラブハウスに入って感じたことは!

バブル時代の贅を尽くした造りではなく、どちらかと言うと質素な造りです。

コースの内容で勝負するという雰囲気を感じさせます!

開場は1979年です。

コースは東、西、南の27ホールです。以前に東コースを回りましたが、全体的にアップダウンは少なくフラットに近い造りです。

それほど深くはないものの各ホールともにグリーン回りのバンカー効いていて、バンカーに入れるとグリーンの形状でとても難しいバンカーショットが強いられるという感じです!

今回は、西〜南コースをご紹介します。

距離もしっかりとあり手強い!

距離もしっかりとあり手強い!

各コースともに、レギュラーティーで3,200ヤード台ということで、ショート(パー3)、ミドル(パー4)、ロング(パー5)ともに長いですが、特にショートが170〜200ヤードと長めでなかなかパーのチャンスを期待できません。

またロングも500ヤードを越え中には578ヤードという超ロングもあり、ロングでのパーチャンスの厳しい設計です。

さらに、2グリーンでそれほど大きくはありませんが見た目以上に微妙なアンジュレーションにより、2パットで終わらせるのがやっとでしょう。

法人メンバーが多い接待用コースのようなイメージですが、良いスコアが出ないのではないでしょうか?

西コースの特徴と攻略!

西コースの特徴と攻略!

左ドックレッグでハンデ1の3番ミドルホール、ハンデ5ながら左側のAグリーンの場合はグリーンまで左側に池が続く4番ミドルホールが難しいホールです。

まず、両ホール共に400ヤード前後で距離があることです。

特に、3番ミドルは直角に近いドックレッグで、コーナーからのグリーンまで距離が残ること、さらに右側はグリーンまでOBが続きそれが浅いことがプレッシャーとなっています。

南コースの特徴と攻略!

南コースの特徴と攻略!

レギュラーティーから578ヤードの8番ロングが難関です。

このホールもセカンド地点からグリーンまで左はずっと池が続きます。

特にAグリーンは池に近くホールは平坦なのですが、グリーンの手前がやや高くなっていて、グリーンまでの距離感の把握を難しくしています。さらに、グリーンが池に向かって傾斜がきついため難しくなっています。

最後の9番はやや右ドックレッグのミドルホールですが、緩やかな打ち上げで距離も430ヤードあり、簡単にパーを取らせてくれません。

最後に、このコースを攻略するためには!

最後に、このコースを攻略するためには!

最初から、あまり好スコアを期待せずに、堅実にチャンスを待つくらいの気持ちで臨めば、結果はついてくると思います。

難しそうに見えないのになかなかスコアが作れない、そんなコースです。

ぜひ挑戦してみて下さい!

番外編!

番外編!

残念なことに、ドライビングレンジがありません。

写真の小さなアプローチの練習場があるだけです。

ドライビングレンジがあれば、もっと素晴らしいゴルフ場なのになあ!といつも思います。


泉カントリー倶楽部オフィシャルサイト

泉カントリー倶楽部
千葉県印西市吉田
(最寄高速道路)東関東自動車道千葉北

楽天GORAのページ

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

“隠れ名門コース”を紹介するシリーズ!第9回「泉カントリー倶楽部」

メニュー