初めての海外ゴルフ①レンタルクラブ編
ゴルフコース・練習場

初めての海外ゴルフ①レンタルクラブ編

misacom

ゴルフをはじめて1年、海外ゴルフへのあこがれが強くなり、この度ついに実現しました!!!

ゴルフをはじめて1年、海外ゴルフへのあこがれが強くなり、この度ついに実現しました!!!

クアラルンプールのゴルフ場

クアラルンプールのゴルフ場

今回はクアラルンプールのゴルフ場をマレーシア人の友人に手配してもらいました。

クアラルンプール市内から車で1時間半くらいの小さな島にあるAmverton Cove Golf&Resortは、広大な敷地内に宿泊用ヴィラや別荘、カヤックやパラグライダーなどの体験もできる施設、遊具付きプールなどもありゴルフ以外でも楽しめそうな場所です。

チェックイン

チェックイン

日本と同様にまずはチェックインです。

今回は友人がチェックインをしてくれました。

レンタルクラブ

レンタルクラブ

シューズ、グローブ、ボール、ティー、ウェアは持参し、ゴルフクラブのみレンタルしてみました。

今回、私が借りたのはメンズクラブの年季の入ったクラブセットでした(汗)。

スループレー

スループレー

キャディさんは2人に1人付いてくれました。

実際にプレーが始まるとキャディさんは片言の日本語で「ミギ」「ヒダリ」「マンナカ」など、目標とするショットの方向を教えてくれます。

カート乗り入れ可能なコースで13時前にスタートし16時くらいには18ホール終了しました。

カートは2人乗り

カートは2人乗り

ゴルフカートは「バギー」というそうです。

このバギーは2人乗りでキャディさんは後ろに立って乗ります。

バギーは18ホールで46リンギット(1,200円くらい)で借りられます。

キャディさんは18ホールで55リンギット(1,400円くらい)、チップは1日50リンギット(1,300円くらい)です。

こんなのもあります

こんなのもあります

コースから少し外れたところに遊歩道がありました。ゴルフ場の中や周りを散策できるようになっているようです。

まとめ

まとめ

getty

今回は格安航空エアアジアの利用にて、自分のクラブは持っていかずにレンタルクラブを借りました。

レンタルクラブにしたことによるメリットとデメリットについてまとめてみました。

メリット①荷物が少なくてすみました。(シューズ、グローブ、ボール、ティー、ウェアは持参)

メリット②エアアジアの場合、預け荷物15キロ以下は1つにつき6,000円の追加料金がかかります。その分の費用負担がありませんでした。※航空会社によって費用は異なります。

デメリット①レンタルクラブは自分のクラブと同様にスイングするのは困難です。慣れるまでに時間がかかる他、レディースクラブがないゴルフ場もあります。

デメリット②レンタルクラブ費がかかる。(2,000円程度)

良し悪しありますね。次回はゴルフクラブ持参バージョンを予定しています。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

初めての海外ゴルフ①レンタルクラブ編

メニュー