ゴルフスイング

練習グリーンでできる、2パットで確実にカップインするためのコツと練習方法

ゴルフ大好き

パッティングは、難しいといわれているゴルフの中でも、特に難しいと言われています。

そして、パットの成功率を高めることがスコアの減少に繋がります。

練習グリーンでパットの練習をする時は、距離感をつかむことがもっとも重要です。

今回は、練習グリーンでできる、2パットで確実にカップインするためのコツと練習方法をご紹介します。

パッティングは、難しいといわれているゴルフの中でも、特に難しいと言われています。

そして、パットの成功率を高めることがスコアの減少に繋がります。

練習グリーンでパットの練習をする時は、距離感をつかむことがもっとも重要です。

今回は、練習グリーンでできる、2パットで確実にカップインするためのコツと練習方法をご紹介します。

距離感と転がり具合の感覚をつかむ

アマチュアゴルファーの場合、パッティングでもっとも大事なことは、やはり距離感です。

まずは練習グリーンで、その日に使用するグリーンのタッチをしっかりつかんでおきましょう。

おすすめの方法としては、練習グリーンのなるべく平らな場所を探して、3球ほど自分が気持ちよくストロークできる振り幅で打ってみます。

3球とも近くにあればいい感じですが、バラツキがあった場合はミスヒットの可能性が高いので、もう一度打ってみましょう。

打ち終わったら、その3球が止まっている場所まで歩測してみます。

それが10歩であれば、その日のグリーンは、自分が気持ちいい振り幅で打った場合、10歩分転がるということになります。

これが自分の、その日の距離感の基準となります。

ロングパットを2打で確実に入れるための考え方

ロングパットを成功させるコツは、2打目で確実に入れることを心掛けることです。

「あわよくば1パット……」そう思った瞬間に、3パットのリスクはグンと上がります。

まずは距離感!

1パット目は、2パット目が打ちやすい場所に止めることが目的です。

2パット目が上りのパットになるように、上りのラインならカップまでの距離感、下りのラインならややオーバーさせる距離感を身につけましょう。


画像の動画はこちら↓

2パットの成功率を上げる感覚を覚える

2パットの成功率を上げるコツは、グリーンの傾斜やスピードの見極めができるようになることです。

一見平らに見えても、グリーンには傾斜が存在し、芝にも順目と逆目が存在するので、状況に応じて力の加減も異なります。

練習をする時は一つの方向だけでなく、カップを中心にすべての方向から打つ練習を取り入れることが大切です。

そして、自分が読んだ曲がり幅、上り下りの転がりの感覚と、実際に打ってみた曲がり幅、上り下りの転がりが、どのくらいのギャップがあるのかをしっかりつかんでおきましょう。

なるべくなら、練習グリーンでそのギャップを埋めておけるといいですね。


画像の動画はこちら↓

自宅でできるパッティング上達方法

自宅でできるパッティング上達方法

getty

自宅でおすすめのパッティングの練習は、真っ直ぐにボールを転がせるようにする練習です。

つまり、2パット目、確実にカップインするための練習です。

クラブを水平に2本並べて、その間にボールを置いてパッティングの練習をすることで、パターをストレートに動かし、真っ直ぐボールを転がす感覚が身につきます。

真っ直ぐ打てるようになったら、次に空き缶などを置いてそれをカップに見立てて、空き缶にギリギリ当たるくらいの距離感で打ってみましょう。

カップインするための練習なので、ショートはダメですよ。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

練習グリーンでできる、2パットで確実にカップインするためのコツと練習方法

メニュー