意外と知らないゴルフ場での雑学を探れ!
ライフスタイル

意外と知らないゴルフ場での雑学を探れ!

yukirinko

ゴルフ場には不思議がいっぱい!気にしたことはなかったけれど、言われてみればなんでだろう?ということがたくさんありますよね。

ここではそんなゴルフ場の雑学をちょっとだけ紹介します。どんどん調べていくと貴方もゴルフ場の雑学王になれるかも?

ゴルフ場には不思議がいっぱい!気にしたことはなかったけれど、言われてみればなんでだろう?ということがたくさんありますよね。

ここではそんなゴルフ場の雑学をちょっとだけ紹介します。どんどん調べていくと貴方もゴルフ場の雑学王になれるかも?

なんで襟付きシャツじゃなきゃダメなの?

なんで襟付きシャツじゃなきゃダメなの?

getty

ゴルフ場の雑学その1!
ゴルフはスコットランドが発祥というのはよく知られています。ゴルフの発展の中心的存在だったのがスチュワード王家です。

こちらの家訓の中で「相手に敬意を払って、周囲を不快にさせない服装こそが作法。服装は相手に対する心から礼儀」というものがあったそうです。それに習って最初はスーツにネクタイという服装でプレーしていました。

しかしこれだとどうにも暑くて動きづらいということで、服装が簡素化していったんです。そこで簡素化しすぎないように「せめて襟だけは残してね」というお達しがされて現在の襟付シャツの着用ルールが敷かれたんです。

なんでメートルじゃなくてヤードなの?

なんでメートルじゃなくてヤードなの?

ゴルフ場の雑学その2!
日本では一般的に定着しているのが「メートル」という単位ですね。ゴルフでは「ヤード」が採用されています。

初心者のうちはイマイチ距離感が掴みにくいと感じた人もいるでしょう。ゴルフにヤードが採用されている理由は、発祥の地がスコットランドだからです。ヨーロッパの国々ではヤードが一般的に定着していますし、ゴルフという競技は伝統を重んじる部分もあるため「ヤード」なんですね。

実はメートル表示に変わった時もあったのですが、不評でいつのまにかヤードに戻っていたという過去もあります。

なんで接待といえばゴルフなの?

なんで接待といえばゴルフなの?

ゴルフ場の雑学その3!
接待といえばゴルフ、ゴルフといえば接待、というイメージありませんか?さすがに明確な基準はありませんが、ゴルフというスポーツが行われる方法にあると見ていいでしょう。

多くても一緒にラウンドする人は4人。その4人が18ホールで4時間一緒にいますのでコミュニケーションを取るということにおいては絶好の機会です。

また接待客に悟られないように勝たせてあげる、という芸当もしやすいですね。
遊戯人口が多そうな釣りや野球、ギャンブルなどではそうは行きませんからね。

なんでゴルフボールはデコボコしてるの?

なんでゴルフボールはデコボコしてるの?

ゴルフ場の雑学その4!
ゴルフボールのデコボコは「ディンプル」と呼ばれています。
もともとは丸いボールを使っていたようですが、傷がついたボールのほうが飛ぶことを発見した人がいたんですね。

それが元になって飛距離を求めた結果、今のようにデコボコした表面に変わっていきました。
ディンプルがあると揚力が上がる、空気抵抗も減るという2つの現象が起きているからボールがよく飛んで行くんです。

この原理を応用して、競泳用水着やスキーウェアなどにも表面のデコボコが取り入れられています。

いかがでしたか?

普段気にも留めないことにもちゃんとした理由があったんですね。
ラウンドの合間の食事の際に、ちょっとした話のネタに使ってみてはどうでしょうか。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー