ゴルフをするときにゴルフシューズが必要である理由とは?

getty

ゴルフウェア

ゴルフをするときにゴルフシューズが必要である理由とは?

aichan

ゴルフを行う際には通常のスニーカーを履いてプレイするわけではなく、ゴルフシューズを履いてプレイする必要があります。

何故ゴルフシューズを履いてプレイする必要があるのか。

理由がありますので、それを知った上でゴルフを楽しみましょう。

ゴルフを行う際には通常のスニーカーを履いてプレイするわけではなく、ゴルフシューズを履いてプレイする必要があります。

何故ゴルフシューズを履いてプレイする必要があるのか。

理由がありますので、それを知った上でゴルフを楽しみましょう。

芝を傷つけないようにするためにゴルフシューズは必要

芝を傷つけないようにするためにゴルフシューズは必要

getty

ゴルフは歩いている時間が長いので、疲れにくいようにスニーカーを履いた方が良いのではないかという意見もあるかもしれません(会社のコンペなどで、たまに本当にスニーカーでプレイしている人がいます)。

しかし、ゴルフのマナーとしてゴルフシューズでのプレイは必須です。

その理由として1つ挙げられるものが芝を傷つけないためです。

ゴルフ場で専用のシューズを履いていなければ芝を傷つけてしまう恐れがあります。

スニーカーであれば傷つかないのではないかと思ってしまうかもしれませんが、ゴルフでは靴跡が残るのもマナー違反になってしまいます。

そういったマナー違反を犯さないためにもゴルフシューズは大切な役割を果たしているのです。

また、スニーカーなどでは滑ってしまう芝の上でもゴルフシューズは適切なグリップを発揮するので、スイング時に足が滑るような事態を防いでくれます。

別のスポーツで使用するスパイクも芝を傷つけてしまう

別のスポーツで使用するスパイクも芝を傷つけてしまう

getty

ゴルフシューズを履いてプレイしなければならない理由として、芝を傷つけてしまうからという理由を挙げましたが、この問題を考えれば野球やサッカーで使用されるスパイクシューズも使用してはいけないものと判断できますよね。

ゴルフシューズでは野球やサッカーのスパイクとは違い、ソフトスパイクのシューズやスパイクレスのシューズが扱われています。

このソフトスパイクやスパイクレスのシューズは芝を傷つけないような工夫がされているのです。

ソフトスパイクやスパイクレスのシューズであれば靴跡が残る心配もありません。

また、最近では、ほとんどのゴルフコースで金属鋲のゴルフシューズが禁止されるようになって来ました。

これも、芝保護の観点からそうなってきたといえるでしょう。

芝を枯らすような雑菌を持ち込まないため

芝を枯らすような雑菌を持ち込まないため

getty

雑菌は街中に溢れています。

通常のスニーカーに芝を枯らしてしまうような雑菌が付着している可能性はゼロとは言い切れませんよね。

そんな状態のままでゴルフ場に入ってしまうと、芝が枯れてしまってゴルフ場が綺麗な状態を維持できなくなる可能性があるのです。

そういった事態を避けるためにもゴルフシューズを履いてゴルフをプレイすることが大切なのです。

芝を傷つけないような心がけとして、ゴルフシューズにはゴルフ場で履き替えることをオススメします。

最近では、カジュアルなデザインで普段履きから使用でき、履いたままゴルフ場へ行ってそのままラウンドできることを謳い文句にしたスパイクレスのゴルフシューズも見かけますが、上記の理由からもあまりオススメできません。

ゴルフシューズの丁寧な手入れも忘れないようにしましょう。

練習場ではスニーカーが良い

ゴルフ場ではゴルフシューズを履いてプレイする必要がありますが、練習場では絶対に履かなくてはならないという決まりがありません。

もっと言ってしまえばゴルフシューズよりもスニーカーの方が良いでしょう。

練習場でソフトスパイクのようなゴルフシューズを使用してしまうとスパイクの部分がすり減ってしまって本番で使えなくなってしまう可能性があるからです。

また、ゴルフシューズだと練習場のゴムマットではシューズ底の突起が沈まず、実際にコースで打つときよりシューズの底が高く感じて打ちにくさを覚えることもあります。

スニーカーであれば自宅で履いてから、そのまま練習場まで行けるのもメリットの1つになります。

スニーカーであれば履きなれているはずですから、足への負担も少ないでしょう。


スニーカーの定番
adidas(アディダス) スタンスミス M20324 Running White/Fairway(ホワイト×グリーン) 27.5cm

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

ゴルフをするときにゴルフシューズが必要である理由とは?

メニュー