クラブ

「どっちがいいの?」~カーボンシャフトとスチールシャフトの違い~

golfer54

ゴルフクラブのシャフトには「カーボンシャフト」と「スチールシャフト」の2つの種類があります。

それぞれどういった特徴があるのか、どんな選び方をすればいいのかなど、この記事を読んで事前に知っておきましょう。

ゴルフクラブのシャフトには「カーボンシャフト」と「スチールシャフト」の2つの種類があります。

それぞれどういった特徴があるのか、どんな選び方をすればいいのかなど、この記事を読んで事前に知っておきましょう。

スチールシャフトについて

カーボンシャフトより古くからあるシャフトで、1900年代初頭に発売されたシャフトです。

その名の通り鋼鉄性のシャフトのためカーボンシャフトに比べると重く、硬く、パワーが必要なシャフトです。

正確性のあるショットが打てる、インパクトのときに手応えがある、といった特徴があります。

男性や力に自信のある女性、ショットの精度を重視する人にはおすすめのシャフトです。

選び方としては、パワーヒッター向けのシャフトと言ってよいでしょう。

カーボンシャフトについて

スチールシャフトに比べると歴史は浅く、その登場は1970年代です。
カーボンシャフトの特徴は、なんと言ってもその「軽さ」にあります。

様々な重さのカーボシャフトがあるものの、スチールシャフトに比べると平均して約50〜60gほど軽く、女性や初心者には最適なシャフトです。

また、スチールシャフトに比べてインパクト時の衝撃が少ないため、体を守る目的で使用する男子プロもいます。

ただ、選び方として気をつけたいのは、操作性や飛距離性能がいいぶん正確性や安定性はスチールシャフトに比べると劣ってしまう点です。

選び方のポイントは「重さ」と「正確性」

選び方のポイントは「重さ」と「正確性」

スチールシャフトとカーボンシャフトの選び方の主なポイントは「重さ」と「正確性」の2つです。

最近では軽量のスチールシャフトも登場していますが、それでもカーボンシャフトに比べると重いのが一般的です。

次に、正確性の面から見るとスチールシャフトに軍配が上がります。

カーボンシャフトは軽い一方で手打ちになりやすい、球が左右に散りやすい、といった面が出る場合もあります。
(※それでも2015年賞金女王のイ・ボミ選手はカーボンシャフトで正確な球を打っていますので、カーボンだから正確な球が打てないというわけではありません!)

そのため、スチールシャフトは力のある男性向け、カーボンシャフトは初心者や女性に向いているといえるでしょう。

「価格」の差にも注意を

「価格」の差にも注意を

スチールシャフトとカーボンシャフトの性能面における主な違いは重さと正確性ですが、それ以外の面で考えると「価格」も異なります。

スチールシャフトの方がカーボンシャフトよりも安い傾向にあります。

同じゴルフメーカーのクラブセットでも、スチールシャフトの方がカーボンシャフトよりも約3万円の差が出るほどです。

スチールシャフトとカーボンシャフトには、それぞれ特徴があり、向いている人も異なります。女性や初心者には、カーボンシャフトがおすすめです。

重さ、正確性、そして価格などの面を総合的に考慮した選び方を心がけ、ゴルフを楽しみましょう♪

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー