世界ゴルフ殿堂入りを果した、4人の日本人プロゴルファー

getty

ライフスタイル

世界ゴルフ殿堂入りを果した、4人の日本人プロゴルファー

kurumi

往年のスター選手や、ゴルフの発展に大きく寄与した人物を称えるために創設された、世界ゴルフ殿堂。

日本人も、これまで男女合わせて4人の名選手が殿堂入りしています。

そこで今回は、殿堂入りしている、日本の歴史的な4人の選手についてご紹介します。

往年のスター選手や、ゴルフの発展に大きく寄与した人物を称えるために創設された、世界ゴルフ殿堂。

日本人も、これまで男女合わせて4人の名選手が殿堂入りしています。

そこで今回は、殿堂入りしている、日本の歴史的な4人の選手についてご紹介します。

【 樋口久子 】日本人初の殿堂入り選手

【 樋口久子 】日本人初の殿堂入り選手

getty

樋口久子は、日本人で初めて、世界ゴルフ殿堂入りした日本人です。

アジア出身選手として、男女通じて初のメジャー選手権に優勝したことでも有名です。

日本人では、唯一のLPGAメジャー選手権優勝者でもあり、歴代の日本人女子選手最多である、72回の優勝回数を誇ります。

選手引退後は、後継者の指導に尽力し、2003年にこれまでの選手やコーチとしてのキャリアを評価されて、日本人として初の世界ゴルフ殿堂入りを果たしました。

さらに、2014年には、ゴルフ界から初めての文化功労者にも選ばれました。

【 青木功 】日本人初の、米ツアー優勝を果たす

【 青木功 】日本人初の、米ツアー優勝を果たす

getty

青木功は、1947年生まれのプロゴルファーで、日本プロゴルフツアーの永久シード保持者です。

1983年に日本人で初めてPGAツアーで優勝を果たすなど、日本を代表するゴルファーのひとりであり、日本ゴルフツアーでの通算51勝は歴代2位を誇ります。

2001年にアメリカのシニアツアーであるフォードプレーヤーズ選手権で通算1000試合出場を達成し、2004年に日本人男性として初めて世界ゴルフ殿堂入りを果しました。

2015年には秋の叙勲で旭日小綬章を受章しています。

【 岡本綾子 】アメリカ人以外で、史上初の米女子ツアー賞金女王となる

【 岡本綾子 】アメリカ人以外で、史上初の米女子ツアー賞金女王となる

getty

岡本綾子は1951年生まれの女子プロゴルファーで、樋口久子と共に日本女子ゴルフの基盤を築いた選手です。

1987年、アメリカ人以外として、初めてLPGAツアー賞金女王になったことでも有名です。

2005年、国際的な活躍が認められて樋口久子、青木功に続いて、史上3人目の世界ゴルフ殿堂入りを果たしました。

また、2014年には、女性初の日本プロゴルフ協会(PGA)理事にも就任しています。

指導者としても手腕を発揮しており、服部真夕や表純子などの数々の女子プロゴルファーの指導も行っています。

【 尾崎将司 】世界プロツアー、最多優勝回数記録保持者

【 尾崎将司 】世界プロツアー、最多優勝回数記録保持者

getty

尾崎将司は、1947年生まれのプロゴルファーで、ジャンボ尾崎の通称で有名です。

世界ランキング最高位は、1997年の5位で、通算優勝回数113回は、世界プロツアー最多記録を誇ります。

2010年、その活躍が認められ、世界ゴルフ殿堂入りを果しました。

プロゴルファーになる前は、プロ野球選手として西鉄ライオンズに入団したものの、3年で退団、プロゴルファーに転向しました。

その後は、日本のゴルフ界を牽引する存在となり、青木功、中嶋常幸と並び称されて「AON」時代を築きました。

弟のプロゴルファーである、尾崎健夫や尾崎直道と、3人合わせて「尾崎3兄弟」としても人気の選手です。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

世界ゴルフ殿堂入りを果した、4人の日本人プロゴルファー

メニュー