パッティングのルーティンは短くするのがコツ

getty

スイング

パッティングのルーティンは短くするのがコツ

トラトラ

パッティングが得意という人は、意外と少ないものです。

しかし、パッティングの良し悪しがスコアには大きく影響します。

ゴルフの中でも、もっともプレッシャーのかかる場面と言えるでしょう。

今回は、そんなパッティングが上達するコツを紹介します。

パッティングが得意という人は、意外と少ないものです。

しかし、パッティングの良し悪しがスコアには大きく影響します。

ゴルフの中でも、もっともプレッシャーのかかる場面と言えるでしょう。

今回は、そんなパッティングが上達するコツを紹介します。

最大のコツは、時間をかけ過ぎないこと!

最大のコツは、時間をかけ過ぎないこと!

getty

パッティングは、ラインを読んだりタッチを決めたりと、いろいろ考えることが多いのですが、あまり時間をかけ過ぎてはいけません。

ボールを打つと決心したら、すぐに打ってしまう方がいいです。

アドレスに入ってから、あれこれ迷いが生じてしまうと、その動揺が動作に影響してしまい、イメージとはまったく違う一打になってしまう可能性が多分にあります。

初心者であれば、ある程度時間がかかってしまうのは仕方のないことですが、一度決めたら迷わないという姿勢は大切です。

また、時間をかけ過ぎるのは、スロープレーとなって他の方の迷惑にもなりかねません。

素振りの重要性

素振りの重要性

getty

プロのパッティングを見ていると、ボールを打つ前に何回か素振りしています。

この素振りは、一種のルーティンのようなもので、実際にボールを打ったらどのように動いていくかをイメージしているのです。

タッチを確かめる上でも重要なので、打つ前の素振りは行ったほうがいいでしょう。

ただし、何気なくただ素振りをするのではなく、先に述べたように実際のボールの転がりをイメージしながら、イメージの中で一度打ってみるくらいの感じで行いましょう。

寄せることを意識

寄せることを意識

getty

プロゴルファーでさえ、ロングパットとなれば、カップインよりも寄せることを重視してパッティングします。

しかし、アマチュアゴルファーでパターが苦手という方は、全てのパッティングでカップインを狙っているように見受けます。

それではなかなか上手くいきません。

世界のトッププロでさえ、3メートルを1パットで入れられる確率は約4割だそうです。

カップインするのがベストであることは間違いありませんが、まずは近くに寄せること。

欲張らず、2パットでよしと思えれば、余計なプレッシャーをかけずに、1日プレーを続けることができます。

考え過ぎないこと

考え過ぎないこと

getty

パッティングで重要なのは考え過ぎないことです。

なるべく、軽い気持ちで打つほうがいいです。

時には、絶対に成功させるという強い気持ちも大切です。

しかし、ゴルフは約5時間の長丁場。

精神的にも持ちませんし、失敗が続けば精神的に崩れてしまうこともしばしばです。

自分になるべくプレッシャーをかけないことも、実はとても大事なテクニックなのです。

失敗しても落ち込まず、カップインした時の喜びだけを噛みしめましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー