フェースコントロールをしてつかまった球を打つためのテークバック術!

getty

ゴルフスイング

フェースコントロールをしてつかまった球を打つためのテークバック術!

golfman71

初心者ゴルファーにとって、ミドルアイアンやドライバーでのスライスは大きな悩みではないでしょうか。

ボールがうまくつかまらないために何かするとフックやチーピンが出てさらに悩みが深まります。

そこで、テークバックに的を絞ってポイントを確認してみましょう。

初心者ゴルファーにとって、ミドルアイアンやドライバーでのスライスは大きな悩みではないでしょうか。

ボールがうまくつかまらないために何かするとフックやチーピンが出てさらに悩みが深まります。

そこで、テークバックに的を絞ってポイントを確認してみましょう。

スライスする原因を確認しよう!

スライスの原因には大きく分けると2つあります。

ひとつがアウトサイドインの軌道でスイングしていることです。

もうひとつがフェイス面を開いたままでインパクトを迎えてしまうことです。

ではフェイス面を開いてしまう動きはどこから始まっているのでしょうか。

考えられるのは、アドレスからテークバックに移るとき、またはテークバックから切り返したときです。

場合によっては、このふたつを同時に行なってしまっていることも考えられます。

テークバックで意識したいこととは?

それはズバリ、捻転です。

言い換えると、それ以外はゴルファーが自分の打ちやすいようにアレンジしても問題はありません。

テークバック動作を終えて切り返しに移るまでに、右足と股関節を起点としてねじり込めるのかが大切です。

なぜかと言うと、捻転によってインパクトでのパワーを生み出しているので、不足していると手打ちをするからです。

つまりスライスの原因として考えられるひとつが、この捻転不足なのです。

手打ちや下半身リードなど多くの言葉がゴルフにはありますが、捻転不足と深く関係しているのです。

イメージし難い捻転動作とは?

イメージし難い捻転動作とは?

getty

テークバックの目的である捻転動作は、覚えるまでイメージし難いので初心者のときは悩みます。

ポイントとしては、テークバックで右膝の向きをアドレスの状態から動かさないようにキープします。

その意識でアドレス姿勢を取り、ゆっくりと左肩をあごの下まで回しながら動かします。

クラブの向きや動きは無視していても構いません。

すると胸がほとんど真後ろを向いたはずです。

そこで改めて両手でクラブを握ってみましょう。

軽く肘を曲げてテークバックは完成です。

右脇腹や右のお尻などに、ねじれやつっぱり感があれば捻転ができています。

ここで他のポイントにも注目してみよう!

ここで他のポイントにも注目してみよう!

getty

特にオススメしたいのは、左脇の締まり具合です。

アドレスでできた左脇の締まり具合はテークバック中に変わりません。

それを意識しながらアドレスからテークバックを行うと、左肩があごの下に来るまでの間、クラブヘッドを真後ろにしばらく引いているような感覚があると思います。

そして、手首はまったく何もしていないことが分かるはずです。

初心者ゴルファーのあるあるとして、ここでフェイス面を上に向けるようなテークバックをします。

そのことで、フェイス面が開きスライスの原因を作っています。

テークバックでは、手首は何もしなくていいのです。

左脇と手首は重要なポイントです。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

フェースコントロールをしてつかまった球を打つためのテークバック術!

メニュー