スイングの予備動作、フォワードプレスでスイングをスムーズに!

getty

ゴルフスイング

スイングの予備動作、フォワードプレスでスイングをスムーズに!

p562p

フォワードプレスをご存知ですか?

簡単に言うと、スイングをスムーズに行うためのきっかけづくりです。

スイングを安定させるために、とても効果的だといわれています。

今回は、このフォワードプレスについてお話していきます。

フォワードプレスをご存知ですか?

簡単に言うと、スイングをスムーズに行うためのきっかけづくりです。

スイングを安定させるために、とても効果的だといわれています。

今回は、このフォワードプレスについてお話していきます。

ゴルフの難しさのひとつは、止まっていること!

ゴルフの難しさのひとつは、止まっていること!

getty

ゴルフの難しさは、止まっているボールを、止まっている姿勢から打つ事だという人がいます。

例えば野球の場合、投手の投げたボールに対して、反応して打つ動作が始まります。

反応とか、反射といった能力を使うことができます。

ところがゴルフの場合、ボールは止まっていて、自分も止まっています。

つまり、打つきっかけを作るのは自分であって、反応や反射といった能力を使うことができません。

この、静から動に移る動作が、ゴルフを難しくしている原因だといわれているのです。

この難しさを解決する、2つの方法!

この難しさを解決する、2つの方法!

getty

まずひとつめは、ワッグルです。

これは、手首や脚など、身体の一部を動かし続けることで、静の状態をなるべくつくらない方法です。

もうひとつは、今回のテーマ、フォワードプレスです。

これは、ある動作をきっかけとして、つまりその動作に反応する事で、静から動に移る方法です。

どちらも、プロ・アマ問わず、多くのゴルファーが取り入れている方法ですし、両方取り入れている方もたくさんいます。

3.さまざまなフォワードプレスの方法

フォワードプレスにはさまざまな方法があります。

代表的なのは、アドレスの状態から、グリップをわずかに目標方向にずらし、その反動をきっかけにスイングを始める方法です。

写真のように、水を入れたバケツをわずかに前方に動かすイメージでスイングを始動させてもいいでしょう。

また、右膝をわずかに内側に入れて戻す方法、体重をわずかに左脚に移し、右に戻す反動を使う方法、あごをほんのわずかに左へずらし、右へ引いていくチンバックという方法などがあり、スムーズに始動ができるのであれば、どれでもいいと思います。

人それぞれの方法がありますので、自分に合った方法を見つけて取り入れてみましょう。

やり過ぎないこと!

やり過ぎないこと!

getty

静から動に移るきっかけをつくってあげることで、よりスムーズに始動ができ、スイング全体をスムーズに、リズムよくするためのフォワードプレスですが、やり過ぎちゃうのはNGです。

グリップを動かし過ぎちゃうと、フェース面の向きが変わってしまったり、プレーンから外れちゃったりという事が出てきますし、体重移動もやり過ぎちゃうと、スウェイの原因になってしまったりします。

どの動きも、はたから見ててよくわからないというくらいがいいですね。


いかがでしたか?

みなさんも、フォワードプレスをスイングに取り入れることで、スムーズな始動を実現し、リズムのよい安定感のあるスイングを目指しましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

スイングの予備動作、フォワードプレスでスイングをスムーズに!

メニュー