逆転の発想!? ベタ足スイングはメリットがいっぱいだった!?

getty

ゴルフスイング

逆転の発想!? ベタ足スイングはメリットがいっぱいだった!?

Fagio

ベタ足スイングに注目が集まっています。

その理由は、スイングフォームの安定にあります。

しかし実は意外に知られていないことは、ベタ足スイングこそ理想的なスイングだということです。

つまりこのスイングフォームが基礎であって、そこから他のフォームへと派生していくのです。

ベタ足スイングに注目が集まっています。

その理由は、スイングフォームの安定にあります。

しかし実は意外に知られていないことは、ベタ足スイングこそ理想的なスイングだということです。

つまりこのスイングフォームが基礎であって、そこから他のフォームへと派生していくのです。

ベタ足スイングと下半身リードの意外な関係性とは!?

ベタ足スイングと下半身リードの意外な関係性とは!?

getty

意外に思われるかも知れませんが、理想的なスイングフォームを身につけるとベタ足スイングは無意識の範疇にあります。

つまり飛距離を得るために回転運動をあげる際に、ベタ足になりにくくなるだけで、意識としてはほとんど変わりません。

ベタ足スイングができていると、インパクトに余裕が生まれるので方向性が上がるなど多くのメリットを得られます。

ではなぜ、ベタ足に注目が集まるのでしょうか。

そのひとつが、下半身リードと言われ続けてきたゴルフスイングの指導に原因があります。

下半身リードの言葉に忠実過ぎると、結果的に右の足裏をバタバタと動かしてしまうクセがついてしまうのです。

ベタ足スイングが注目された背景とは!?

ベタ足スイングが注目された背景とは!?

getty

ベタ足を意識することで、右足がスイング軸となります。

スイング軸を右足にすることでインパクトが正確に行えます。

その結果としてスコアもよくなるのです。

このような背景には、かつてのスイングパワーの不足を補うボディアクションが現在では不要になったことが影響しています。

ミート率を上げることができるクラブが開発されたことで、ゴルファー自身がパワーを上げる必要性が相対的に下がってきたのです。

もちろんプロレベルではパワーが必要ですが、アマチュアではベタ足スイングで十分な飛距離を生み出せるようになったのです。

ベタ足スイングをマスターする前に

ベタ足スイングをマスターする前に

getty

ベタ足スイングをマスターする前提として、ボディターンによる払い打ちができなくてはいけません。

レベルスイングとも言いますが、腰の回転が地面に対して水平に回転出来る動きをマスターしておきましょう。

いろいろな情報を取り入れると、スイングは複雑になってしまいます。

鏡の前でアドレスをし、そこからテークバック、切り返し、プレインパクト、インパクト、フォロー、フィニッシュと体の動きを観察して水平にだけ動いているのか確認しましょう。

テークバックで右腰が上がったり、インパクトやフィニッシュで左腰が上がったりしていてはいけません。

ベタ足スイングをマスターしよう!?

ベタ足スイングをマスターしよう!?

getty

払い打ちが確実にできるようになれば、ゴルフはかなり上達しています。

もう中級者といっても過言ではありません。

いい方を変えると、払い打ちをマスターすることも難しいのです。

さて、払い打ちがマスターできたところから、それまでセンターにあった軸を右足に持っていきます。

することは払い打ちとほとんど変わりません。右足に軸が移っただけです。

しかし払い打ちがマスターできていないと移行に困惑してしまいます。

困惑してしまう原因はいくつかありますが、基本の捻転がマスターできていないことがそのひとつです。

上半身と下半身の捻転差がないと、ベタ足スイングに上手く移行できません。

ここがただの払い打ちとの違いです。

そのあたりに気をつけながら、飛距離と方向性を両立するベタ足スイングにぜひチャレンジしてみてください。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

逆転の発想!? ベタ足スイングはメリットがいっぱいだった!?

メニュー