シングルプレーヤー、アベレージゴルファーのスコアの目安は?

getty

ゴルフ初心者

シングルプレーヤー、アベレージゴルファーのスコアの目安は?

Fagio

ゴルファーは、そのハンディキャップや平均スコアで、シングルプレーヤーとかアベレージゴルファーというふうに呼び分けられます。

それぞれ、どの程度のスコアが目安となるのでしょうか。

また、初心者ゴルファーでなくなるスコアとはどのくらいなのでしょうか?

ゴルファーは、そのハンディキャップや平均スコアで、シングルプレーヤーとかアベレージゴルファーというふうに呼び分けられます。

それぞれ、どの程度のスコアが目安となるのでしょうか。

また、初心者ゴルファーでなくなるスコアとはどのくらいなのでしょうか?

1. シングルプレーヤーとは

シングルプレーヤーの“シングル”とは、ひと桁のこと。

ハンデキャップがひと桁とは、つまりハンデが1~9のゴルファーのことです(ちなみにハンデ0の人は“スクラッチプレーヤー”なんて呼ばれることもあります)。

シングルプレーヤーの平均スコアは、基準スコアである72に、ハンデ+2~3打といったところ。

プレイのミスが少なく、ミスをしても的確に挽回ができるレベルのゴルファーです。

ラウンドするコースの難易度(コースレート)によっても平均スコアは若干変わってきますが、ハンデが9のシングルゴルファーなら、

【基準スコア72+ハンデ9+2~3=83~84】

くらいが平均スコアになるでしょう。

例えベストスコアがこの水準に届いても、平均的にこのレベルを維持できなければシングルプレーヤーになることはできません。

2.アベレージゴルファーとは

2.アベレージゴルファーとは

getty

アベレージ=平均なので、アベレージゴルファーとは「スコアが平均的なゴルフプレーヤー」のことです。

だいたい、ハンデキャップ18程度、スコアが90~110程度のゴルファーを指して、アベレージゴルファーと呼びます。

スコア90~110だとかなり開きがあるように見えますが、良ければ90、悪くても110。

平均すると100程度と解釈しておくといいでしょうか。

アベレージゴルファーという呼称は一般的に使われていますが、シングルゴルファーとは違い、なにか明確な数値の規定がある言葉ではないのです。

3.初心者ゴルファーはいつまで?

3.初心者ゴルファーはいつまで?

getty

おおよそ前述のスコアをクリアすれば、シングルゴルファー、アベレージゴルファーと呼ばれるようになります。

では、初心者は、いつまで初心者なのでしょうか。

初心者の目安としてよく言われるのが“スコア100の壁”です。

これは、週に1、2回練習をし、月1~2回コースに出ているゴルファーなら、たいてい1、2年でクリアできるラインです。

ゴルフ歴にして2年程度、平均スコアが100を下回るようになったら、初心者を卒業したと言えるのではないでしょうか。

4.月イチゴルファーという言葉も

4.月イチゴルファーという言葉も

getty

月イチゴルファーという言葉も、よく聞く言葉ですよね。

これは、月に1回程度しかコースを回ることができないゴルファーという意味です。

この“月イチ”という頻度は、特に少ないわけではなく、一般的な勤め人ゴルファーなら平均的な数字ではないでしょうか。

巷には、「月イチゴルファーでもシングルで回れる」というような教則本が目白押し。

月イチゴルファーだからシングルになれず、アベレージゴルファー止まりなんだと諦めず、効率のよい上達法を見つけたいですね。


いかがでしたか。

目安となるスコアがある、シングルプレーヤー、アベレージゴルファー。

慣用的に使われる月イチゴルファーという言葉について解説しました。

ゴルフを楽しむからには、シングルプレーヤーを目指して腕を磨きたいですね。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

シングルプレーヤー、アベレージゴルファーのスコアの目安は?

メニュー