いつまでが初心者ゴルファー? 初心者の定義とは?

getty

ゴルフ初心者

いつまでが初心者ゴルファー? 初心者の定義とは?

ライドマン

ゴルフをはじめてしばらく経つけど、自分はまだ初心者ゴルファーなのだろうか?

こんな風に思ったことはありませんか。

一体どうしたら初心者から卒業できるのだろう、卒業には条件ってあるのかということは初心者にとっては気になりますよね。

今回は、「初心者ゴルファーの定義」についてご説明していきます。

ゴルフをはじめてしばらく経つけど、自分はまだ初心者ゴルファーなのだろうか?

こんな風に思ったことはありませんか。

一体どうしたら初心者から卒業できるのだろう、卒業には条件ってあるのかということは初心者にとっては気になりますよね。

今回は、「初心者ゴルファーの定義」についてご説明していきます。

初心者ゴルファーの定義

初心者ゴルファーの定義

getty

初心者ゴルファーに明確な定義は残念ながらありません。

なぜなら、ゴルフは上達スピードに個人差が出やすいスポーツだからです。

さらに、上達していてもゴルフから少し離れているだけで技術がガクッと下がってしまいます。

例えば極端な話、ラウンドなどの経験で判断したとき、長くても技術が低ければ中級と言いがたいところはありますし、スコアで判断しても、たった数回で結果を出した人を中級とは言いがたいです。

このようにいつまでが初心者でいつ卒業の判断は難しいです。

経験で判断する初心者

経験で判断する初心者

getty

判断できないといっても、ある程度の基準・目安はあります。

いつまでが初心者か否かをラウンド数や経験年数で判断した場合、まずラウンドに出ていなければ練習場でいかに上手く打てていても初心者ということになるかもしれません。

ラウンドに出なければ、ゴルフのラウンドのルールやマナーを体感して学ぶことができません。

そういう意味では、しっかりとラウンドできるようになれれば、後輩プレイヤーを指導できますので初心者からの卒業と考えられます。

同じ1年でもラウンド数が多い人は初心者の域を超えるでしょう。

スコアで判断する初心者

スコアで判断する初心者

getty

次にいつまでが初心者であるかの判断となるのがスコアです。

スコアを出すには技術が当然必要ですが、技術レベルに反して運よくスコアが出てしまうのがゴルフです。

ですが、一般的によく言われるのは「100の壁」です。

スコアが100を切れれば技術レベルでは初心者を卒業したといえます。

ただ、上記のように幸運によって100切りすることもあるので、平均スコアで判断するべきでしょう。

不調は当然誰にもありますが、安定して100を切れるようになれば初心者は卒業といえそうです。

マナー・ルールで判断する初心者

マナー・ルールで判断する初心者

getty

経験やスコアで判断する以外には、マナーやルールを心得ているかも一つの判断基準といえます。

初心者は当然ラウンドでのルールやマナー、エチケットを学ぶ途中ですので、しっかりとラウンドで遵守し、気持ちよく紳士的にプレイできるまでに成長できれば初心者からの卒業と考えられます。

それは、ゴルフは紳士のスポーツであり、第一にマナーが遵守されなければならないので、どれだけ長くやっていてもマナーを守れないようでは、いつまで経っても初心者です。

技術や知識があってもゴルフを知っているとは言いがたいです。

このように、明確にいつまでが初心者という定義はありませんが、各判断基準を元に考えて初心者か否かを判断することはできます。

とはいえ、ゴルフはマナーを守って楽しくプレイするのが一番です。

次のステップに進んでも、「初心」を忘れずにゴルフを楽しみましょう!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

いつまでが初心者ゴルファー? 初心者の定義とは?

メニュー