パターマットの速さが知りたい!その2
クラブ

パターマットの速さが知りたい!その2

じゅんやあく

こんにちは、じゅんやあくです。
売れ筋パターマットを、自作スティンプメーターを使って速さを測る企画の第2弾です。
みなさまのパターマット選びの一助になれば幸いです。

こんにちは、じゅんやあくです。
売れ筋パターマットを、自作スティンプメーターを使って速さを測る企画の第2弾です。
みなさまのパターマット選びの一助になれば幸いです。

5つの売れ筋パターマットを紹介します

5つの売れ筋パターマットを紹介します

この企画では、1時間おきに更新されているAmazonの「ゴルフパット練習機の売れ筋ランキング」を頻繁に眺めていた私が、常に上位に表示されていた5商品をピックアップして紹介していきます。

その5商品は、以下になります(編集部に到着した順)。

・スーパーベント パターマット(距離感マスターカップ付き)/パターマット工房PROゴルフショップ

・worldinfo 距離感パターマットロング(ミラー型練習器具付き)/ワールドインフォメーション

・FUJITAマットU2.3(360度回転式カップ)GV0136/タバタ

・FUJITAマット1.5 GV0131/タバタ

・ダイヤオートパット532 TR-532/ダイヤコーポレーション

第1回「スーパーベント パターマット(距離感マスターカップ付き)/パターマット工房PROゴルフショップ」はこちら↓。

worldinfo 距離感パターマットロング(ミラー型練習器具付き)

こちらのマットも、先日ご紹介した「スーパーベント パターマット」と同様、夜間の練習でも階下やお隣さんに音が響かない防音仕様になっています。

また、商品説明には明記されていなかったのですが、両側から速度を計測したところ、若干スピードが違いました。

速さを測ってみると……

速さを測ってみると……

例によって自作スティンプメーターで計測したところ

順目:約12.8フィート
逆目:約11.0フィート

でした。

(その1)でも説明したように、室内でのスティンプメーターでの計測では、ボールが落下したときに実際のグリーンよりも初速を失いにくいので、体感するスピードよりも速い数値が出やすいです(遠くまで転がりやすい)。

なので、こちらもそれを割り引いて実際のグリーンに換算すると、逆目9フィート、順目10フィート程度と考えられます。

通常営業のグリーンなら一般的な速さか、ちょっと速めくらいだと思います。

セットには、10枚のフィンが周辺に施された「ターゲットカップ」(写真上)と、アドレスを矯正する練習器具「パットのかがみ様」がついています。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー