初心者ゴルファーがコースデビュー前に覚えておきたいグリーン上のマナー5選 

getty

ゴルフ初心者

初心者ゴルファーがコースデビュー前に覚えておきたいグリーン上のマナー5選 

Gridge編集部

こんにちは。
冬はプレイ代が安いこともあって初心者の方がコースデビューしやすい季節でもあります。

しかし、初心者の人たちがグリーン上で何気なくしてしまうことの中にも、実はマナー違反になってしまうことが数多くあります。

そこでグリーン上で守りたいマナーを5つ紹介します。

これらのマナーは、グリーンを大切に使ってゴルフ場に来るみんなが気持ちよくゴルフできるようにと考えられているものばかりです。

これらをしっかり守れれば、ベテランゴルファーの人たちから不意に怒られて嫌な気分になるなんてこともなく、楽しくプレイできるでしょう。しっかりと覚えておきましょう。

こんにちは。
冬はプレイ代が安いこともあって初心者の方がコースデビューしやすい季節でもあります。

しかし、初心者の人たちがグリーン上で何気なくしてしまうことの中にも、実はマナー違反になってしまうことが数多くあります。

そこでグリーン上で守りたいマナーを5つ紹介します。

これらのマナーは、グリーンを大切に使ってゴルフ場に来るみんなが気持ちよくゴルフできるようにと考えられているものばかりです。

これらをしっかり守れれば、ベテランゴルファーの人たちから不意に怒られて嫌な気分になるなんてこともなく、楽しくプレイできるでしょう。しっかりと覚えておきましょう。

1.グリーン上では足を引きずらない

1.グリーン上では足を引きずらない

getty

グリーン上で足を引きずると、せっかくコースやグリーンキーパーの方がキレイに育てたグリーン面を傷つけてしまうことになります。

最近では金属製の鋲のシューズは見かけなくなりましたが、それでも滑り止めとなるギザギザがゴルフシューズのソール(底)にはついています。

グリーン上では足を引きずらないように歩きましょう。

2.パター以外でボールを打たない

2.パター以外でボールを打たない

グリーン上では、パター以外のクラブ(ウェッジやアイアンなど)でボールを打ってはいけません(写真の赤の点線で囲まれた部分が、パターしか使えない場所です)。

プロの試合などで、目的外のグリーン(サブグリーン)からウェッジなどでアプローチをしているシーンをたまに見ることがありますが、あれは例外中の例外です。

サブグリーンにボールが止まったときは、通常はボールを拾い上げて、ピンに近づかない場所に無罰でドロップすることができます。

写真は、グリーン上で、ウェッジなどで打った跡です。

このようにグリーン表面の芝を削ってしまうと、修復するのに何カ月もかかってしまいます。グリーン上でパター以外のクラブを使うのは絶対にやめましょう。

3.グリーンマークを直す

3.グリーンマークを直す

getty

グリーンマーク(ボールマーク)とは、アイアンなどで打ったボールがグリーンに着弾したときにできた凹みです。

これも放置をしておくとその場所から芝が枯れてしまいます。

自分が作ったグリーンマークは、グリーンフォークで素早く修復するようにしましょう。

最初は土が盛り上がっている方向(ボール受けた側)から、それから反対側、左右側という順番でグリーンフォークと呼ばれる棒状の器具を地面に刺して、中心に寄せるようにして穴を埋め、最後にパターの底でグリーンマークがあったところを「トントン」と軽くたたいて修復完了です。

余裕があれば、自分が作った以外のマークも直すようにすると、同伴競技者から「あいつ、やるな」と思われること請け合いです。

4.グリーン上では走らない、飛び跳ねない

4.グリーン上では走らない、飛び跳ねない

getty

プレイが遅れていたり、なかなかカップインできなかったりするとあせってしまいますが、グリーン上で走ると、やはりグリーンが傷んでしまうのでやめましょう。

また、バーディパットやパーパットが決まったり、自己ベストを更新したりした瞬間など、うれしい気持ちはわかりますが、飛び跳ねて喜ぶのはグリーンの外に出てからにしましょう。

この行動ひとつだけで、仲間からは「思慮深い人間だ」と思われることでしょう。

5.旗竿をグリーン内に置かない

5.旗竿をグリーン内に置かない

getty

意外と盲点なのが、旗竿(ピン)です。もちろん、写真のように寝っ転がるのは言語道断です。

ピンは意外と重く、グリーン上に置くとそこだけ少し凹んでしまいますし、グリーン内に放り投げるなんてもってのほかです。

また、たとえグリーン外でも「バタッ」と倒すように置いてしまうと、同伴競技者がびっくりしてしまうなど、プレイの邪魔にもなります。旗竿はグリーンの外にそっと置くようにしましょう。


これらのことをしっかり守ってプレイすれば、たとえあなたが初心者でも、スコアとは関係なく、ゴルフ仲間からは「あいつとゴルフをすると気持ちがいいな。またあいつとゴルフしたいな」と思ってもらえ、また誘ってもらえることでしょう。

ゴルフ場に来たみんなが気持ちよくプレイできるように、グリーンを大事に使って楽しくプレイしましょうね!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

初心者ゴルファーがコースデビュー前に覚えておきたいグリーン上のマナー5選 

メニュー