アイアンショットでのフックはなぜ起こる?原因と対策はコレ!

getty

ゴルフスイング

アイアンショットでのフックはなぜ起こる?原因と対策はコレ!

TETSU

前回の記事のスライスに続いて、フックも解説したいと思います。

アイアンショットでのフックもスライスと同じ、ゴルファーにとって日常の悩みの一つと言えます。

「真っ直ぐ飛ばしたいけど、上手く打てない」。

闇雲に練習をしても、解決はしません。

アイアンショットでフックが出てしまう、原因と対策を押さえておきましょう。

前回の記事のスライスに続いて、フックも解説したいと思います。

アイアンショットでのフックもスライスと同じ、ゴルファーにとって日常の悩みの一つと言えます。

「真っ直ぐ飛ばしたいけど、上手く打てない」。

闇雲に練習をしても、解決はしません。

アイアンショットでフックが出てしまう、原因と対策を押さえておきましょう。

アイアンショットでフックはなぜ起こる?

アイアンショットでフックはなぜ起こる?

getty

ゴルフが上達してくると、なぜか発生してしまうフック。

一度、クセが付いてしまうと、改善するまで時間がかかってしまいます。

でも、原因と対策を知ることで改善できる症状なので、気を落とさないでください。

フックが出やすい人の特徴としては、大きく3つがあります。

・インパクト時、クラブフェースが左に向いている
・グリップの握りが間違っている
・手首の返しが強くなり過ぎている

みなさんはいかがですか?

心当たりのある方も多いのではないでしょうか。

クラブフェースが左に向く原因と対策

アイアンショットでフックが起きるのは、インパクト時にクラブフェースが左に向いているのが、最大の原因と言えます。

クラブフェースが左に向いていると、打球はフェース面が向いている方向へ飛び出します。

このとき、フェース面の方向がスイング軌道より左を向いていると、フックをします。

仮にスイング軌道がストレートだとした場合、フェースが閉じていると、スイング軌道よりも左を向いていることになるので、フックします。

自分では意識していなくても、クラブフェースが左に向いてしまう方がいますので、一度、ゆっくりスイングをしてみて、フェースの角度を確かめてみましょう。

インパクト時のフェースの矯正が必要な方は、グリップの握りや手首の返しが原因かもしれません。

グリップの握りが間違っている原因と対策

グリップの段階で、フックが発生しやすい握り方をしている方がいます。

ポイントは左手のグリップです。

アイアンをグリップした時に、左手の甲が飛球方向でなく上向きになっていると、スイング中に手首が返りやすくなってしまい、フックボールが出てしまいます。

この対策としては、右手と左手のグリップの位置を逆にする練習法が効果的と言えます。

最初は違和感があるかと思いますが、スイングに慣れるまで、一度練習場で試してみてください。

手首の返しが強くなり過ぎている原因と対策

手首の返しが強くなり過ぎている原因と対策

getty

手首の返し(リストターン)が強くなり過ぎて、左に引っ張ってしまうのも、フックボールが発生してしまう原因と言えます。

リストターンが強くなる方は、身体の重心が左に突っ込みすぎているかもしれません。
この対策としては、スイング時に左に壁があるイメージを持つことです。

左足が壁にくっついているイメージのまま、身体の重心をキープすることで、自然と手首の返りのバランスが良くなっていきます。


ここまで、アイアンショットでのフックはなぜ起こるのか、原因と対策についてご紹介してきました。

フックが発生する原因を把握し、対策することでミスは少しずつ減っていくはずなので、みなさんも対策法を試してみてください。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

アイアンショットでのフックはなぜ起こる?原因と対策はコレ!

メニュー