右手首が痛い!痛みの原因はスイングの仕方にあった!?

getty

ゴルフスイング

右手首が痛い!痛みの原因はスイングの仕方にあった!?

p562p

スイングをしていたら、「右手首が痛い……!」なんてことありませんか?

もしかしたらそれは、手首のひねり過ぎや右手主導のスイングをしてしまっていることが原因かもしれません。

そこで今回は、右手に痛みが出たときの治療法や対策について詳しくご紹介します。

スイングをしていたら、「右手首が痛い……!」なんてことありませんか?

もしかしたらそれは、手首のひねり過ぎや右手主導のスイングをしてしまっていることが原因かもしれません。

そこで今回は、右手に痛みが出たときの治療法や対策について詳しくご紹介します。

右手に痛みが出たらケアに専念!

右手に痛みが出たらケアに専念!

getty

スイングをしている最中に痛みが出てきたというときは、無理に練習を継続せずにケアに専念するようにしましょう。

痛みが出ているときに練習をし過ぎると、さらに悪化する場合があります。

炎症による痛みは、まず患部をアイシングして冷やすことが有効です。

また、自分でケアをしてもなかなか右手の状態がよくならないというときは、自分が感じている以上にケガが深刻な可能性もあります。

無理をせずに整形外科を受診するようにしてください。

右手に力が入り過ぎている

初心者に多い右手の痛みの原因は、正しいスイングができていないというもの。

ゴルフのスイングは、基本的に左手が主導になる打ち方がいいとされていますが、初心者は、右手が主導になっていたり、必要以上に右手に力が入ってしまっていたりすることがよくあります。

今まで右手に力が入っていたという人は、左手が主導になるよう意識したスイングができるようになると、痛みがなくなるのはもちろん、スコアアップにもつながるでしょう。

握り方を変えてみよう!

左手のグリップには、「スクエアグリップ(上イラスト“Neutral”)」「ストロング(フック)グリップ」「ウィークグリップ」の3種類がありますが、右手に痛みが出やすいという人は、グリップを変えるというのも一つの方法です。

ゴルフのレッスン本やレッスン記事などでは、スクエアグリップがよく取り上げられています。

また最近では、クラブの進化に伴いストロンググリップを推奨するケースも増えてきました。

しかし、必ずしもそれらが自分に合ったグリップだとは限りません。

ボールを打った後や素振りのスイングをした際に、深いディボット跡が残る場合は、現在のグリップが自分に合っていないという可能性もあります。

左手だけで練習をする

なかなか左手主導のスイングができないというときは、左手だけでスイングの練習をするようにしましょう。

これなら右手の痛みがある間も、右手に負担をかけることなく練習をすることができます。

グリップはストロンググリップで握り、体全体を使ってスイングをするように意識しましょう。

まずは、ボールなしではじめ、しばらく経ったらボールを打つといったように順を追って練習をしていきます。

慣れてくるうちに、左手主導の打ち方がマスターできるようになりますよ。


いかがでしたでしょうか?

今回は、右手に痛みが出た時の治療法や対策についてご紹介しました。

右手が痛むのにはちゃんとした原因があります。

右手がよく痛くなるという人は、自分のスイングがおかしくないか改めて確認をするようにしてみましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

右手首が痛い!痛みの原因はスイングの仕方にあった!?

メニュー