コースの状態が悪い時に適用されるルールを知っておきましょう!

getty

ゴルフクラブ

コースの状態が悪い時に適用されるルールを知っておきましょう!

Kenjiiii

昨年、伊藤園レディスの初日、上原彩子プロが、異例とも言える68罰打を受けてしまうという、珍事が起きてしまいました。

なぜこんな事が起きてしまったのでしょうか。。。

昨年、伊藤園レディスの初日、上原彩子プロが、異例とも言える68罰打を受けてしまうという、珍事が起きてしまいました。

なぜこんな事が起きてしまったのでしょうか。。。

原因は、コースの状態が悪い時に適用されるルールへの誤解でした!

原因は、コースの状態が悪い時に適用されるルールへの誤解でした!

getty

伊藤園レディスの第1ラウンド(2016.11.11)は、激しい雨によりコースの状態が悪く、罰打なしでボールを拾い上げて拭く事ができる「リフトアンドクリーン」のローカルルールが設定されました。

同じ様に、コースの状態が悪い時に適用される事の多い「プリファードライ」のルールと勘違いしてしまった上原プロが、15ホールで19度誤った処置をしてしまい、異例とも言える68打罰を受けてしまいました。

日米で活躍し、3勝をあげている上原プロでさえ間違えてしまうややこしいルールです。アマチュアのプライベートラウンドにおいて、このルールを厳密に適用する必要はないと思うのですが、いい機会なので理解しておきましょう。

それにしても、100%予選通過する可能性がないのに、応援に来てくれているファンの為にと、2日目を棄権せずに68で回ってしまうところがカッコイイです。


詳細なニュースはこちら↓

リフトアンドクリーン

今回、適用されたルールは、この「リフトアンドクリーン」というローカルルール。

“ 芝を短く刈り上げた区域(フェアウェイなど)では罰打なしで、ボールを拾い上げて拭き、リプレースできる。 ”

この『リプレース』、つまり、ボールがあった元の場所にプレースというのがミソです。

ちなみに、今回は『芝を短く刈り上げた区域』となっていますが、ローカルルールですので、適用範囲はコースや主催者側の判断に任されます。

それと、拾い上げる前に必ずマークをする事。しないと1ペナルティとなります。

プリファードライ(Preferred Lies)

プリファードライ(Preferred Lies)

getty

上原プロは、この「プリファードライ」というローカルルールと間違えてしまったと思われます。

“ 無罰でボールを拾い上げて汚れを拭き、元の場所からホールに近づかない、1クラブレングス以内の状況のいい場所にプレースできる。 ”

こちらは、リプレースではなくプレースです。つまり元の位置である必要はないという事なのです。

なので、本来はリプレースしないといけないところを、状況の良い場所にプレースしてしまった為、ローカルルール違反の2罰打×19+スコアの過少申告(2罰打)×15ホールで、計68罰打となってしまいました。

プリファードライもローカルルールなので、その適用する状況や範囲、プレースの範囲もコースや主催者の判断に任されます。

カジュアルウォーター

カジュアルウォーター

getty

雨などにより、コース内に一時的にできる水たまりや泥濘による、異常なグラウンド状態からの救済がカジュアルウォーターで、先の2つのルールとは区別されます。

カジュアルウォーターの詳細はリンク先を読んで頂くとして、紛らわしいのは、元のボール位置から設定したニアレストポイントから1クラブレングス以内に、ボールを拭いた後にプレースではなくドロップとなります(グリーン上はニアレストポイントにプレース)。

そして、リフトアンドクリーンやプリファードライが適用されている場合は、ドロップ後に救済を受ける事になります。

ホントややこしいですね。。。


カジュアルウォーター詳細はこちら↓

【 番外編 】 6インチプレース

【 番外編 】  6インチプレース

getty

“ ペナルティーなしで、今ある位置からホールに近づかないで6インチ(15.24㎝)以内の別の場所にボールをプレースする事ができる ”

コンペやプライベートラウンドでもお馴染みのルールですが、当然ながらゴルフルール規則にはありません。

プリファードライは、競技で正式に使われるローカルルールなので、適用範囲も変わりますし、処置の厳正さも変わりますので、一般的な6インチプレースとは区別した方が良いでしょう。

本来は、コースがディボットだらけになってしまう冬期に適用していたらしいでのですが、今はコースコンディションだけでなく、技量に応じた優遇措置としても使われています。

ちなみに、なぜ6インチかというと、正規のスコアカードの横幅が6インチなので、測りやすいという事で決まったそうです。

最近は、6インチとは違うサイズのスコアカードも多いですけど。

賛否あるルールですが、キャディという立場としては、ケガやクラブの破損の予防にもなりますし、プレーの進行という意味でも良いルールだと思います。

それに、本来の目的、冬期のコンディションでの使用は、公平性という意味でも良いのではないでしょうか。


6インチプレースについての詳細はこちら↓

色々とややこしいゴルフルールですが。。。

その意味や、できた経緯とかを知ると、なかなか面白いものです。
しっかりルールを知った上で、スマートに、臨機応変に対処されている人は、見ていてカッコイイゴルファーだなと思います。

ルールブックや裁定集なんかは、ネットでも読む事ができますので、時間のある時にでも見てみると、たくさんのへぇ!があって面白いですよ。


他にも記事を書いています。
良かったら読みに来て下さいね。

http://gridge.info/curator/124 ↓

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

コースの状態が悪い時に適用されるルールを知っておきましょう!

メニュー