今さら聞けないフェードとドローってなに!?
ライフスタイル

今さら聞けないフェードとドローってなに!?

p562p

ゴルフを知っている人からあたり前のように出てくる、『フェード』と『ドロー』という言葉ですが、ついつい意味がよくわからないまま知ったかぶりで過ごしていってしまってませんか?

今回はゴルフ仲間との会話でも普通に使えるようにこれらの意味をご説明させていただきます。

ゴルフを知っている人からあたり前のように出てくる、『フェード』と『ドロー』という言葉ですが、ついつい意味がよくわからないまま知ったかぶりで過ごしていってしまってませんか?

今回はゴルフ仲間との会話でも普通に使えるようにこれらの意味をご説明させていただきます。

ボールの軌道のことを指しています!

ゴルフを知っている人と一緒にプレーをしていると、「ここはフェードだな」「ドローでいけばなんとかなるか」といったよくわからない言葉を耳にすることがあります。初めてだとこれって、よくわからないですよね。

実はこれ、ボールの軌道を示しているのです。次に打つ球を右に曲げようか、左に曲げようかを話しているんです。

ちょっと高度なプレーをする人のように見えてしまいますが、意味がわかっていないと会話にも入れなくなってしまうのでそれぞれの意味ぐらいは初めてでも知っておいたほうが便利でしょう。

フェードとは右に曲がる球筋のこと!

フェードとは右に曲がる球筋のこと!

ではフェードとドローについて知っていただきますが、まずはフェードについて説明していきましょう。

フェードとは打ったあとにまっすぐいかず、飛球線に対して、右に向いて曲がっていく球筋を意味しています。

そのため自分がボールを落としたいと思った向きより少し左に向かって打ち、曲がって中心に戻ってくるというイメージになりますよね。

頭で描くのは簡単なのです。しかしながらフェードを打とうと思ったら意図的に右回転のサイドスピンがかかった球を打つ必要があるため、まっすぐ打つよりも断然難しくなるのです。

フェードには、ほぼ同じ意味のスライスという意味もありますのでこちらも覚えておくといいでしょう。

ドローとは左に曲がる球筋のこと!

ドローとは左に曲がる球筋のこと!

ドローはフェードとは真逆の球筋で左に曲がっていく球筋を意味しています。そのため狙っているところより右に向いて打ち、左に曲がって狙った位置に向かうようになります。

フェードもドローもいずれも障害物などを避けるときに使う高等技術で、身につけたらちょっと自慢しても大丈夫でしょう。

ドローにもフックというほとんど同じ意味を持つ言葉があるのでこちらも覚えておくとよいでしょう。

狙ってないのに曲がってしまうのが初心者の悩み

狙ってないのに曲がってしまうのが初心者の悩み

フェードもドローもプロは狙って打てるので凄い技なのですが、初心者でもよくこの言葉にお世話になりますよね。

それはまっすぐ打ちたいのにも関わらずフェードしたりドローしたりと球筋がまっすぐに向かないためです。

これを直すことが初心者の最初の練習ですね。意味を理解できていたらみんなのアドバイスの意味も理解が早いでしょう。

まずはまっすぐ打てるように、正しいフォームを身に付けていきましょうね。狙って打てるようになっている頃にはものすごい上達してますよ。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー