初心者

コースに存在する色々なエリアを1つ1つ覚えてチェックしよう!

golfer54

ゴルフコースに始めてはいると、色々なエリアが広がっていることを感じられます。どのエリアにボールを落としていくのか、そして他のエリアに落としてしまったときの対処法を見ていきましょう。先に知っておけば、得することも沢山あります。

ゴルフコースに始めてはいると、色々なエリアが広がっていることを感じられます。どのエリアにボールを落としていくのか、そして他のエリアに落としてしまったときの対処法を見ていきましょう。先に知っておけば、得することも沢山あります。

狙うべきはここ!フェアウェイ

ゴルフコースでは、フェアウェイを狙ってボールを落とします。整備されている芝コースで、ここに落としておくと、次の狙いを定めやすくなります。

パー3のように、狙わなくてもいい場合がありますので、その場合は無視しても構いません。コースのこの部分に落としておけば、距離を稼げるショットが狙えるようになり、打数を減らしやすくなります。

ここに落としても大丈夫!ファーストカット

少し前までは、セミラフと呼ばれることもありましたが、海外の方と統一するためにファーストカットと呼ばれることが多くなっています。

この場所は、フェアウェイよりも少し芝丈が長くなっており、パワーが衰えてしまいます。コースの中ではまだ使いやすい場所なので、ここに飛んだとしても、ウッドを利用してショットを放つことが出来ます。

リカバーの難しい場所!ラフ

ラフは、フェアウェイの隣にある、ファーストカットでは無いところです。コースの中でも芝丈が非常に長く、ウッドで出すことが困難です。ここは、アイアンを利用してショットを行って、フェアウェイに落とすことを意識します。

平坦なラフであれば、そこまでショットに苦労することはありませんが、角度の付いているラフに入ると、さらにショットが難しくなります。

アイアンを利用する場合でも、フェアウェイに出すことを前提にするのか、それとも思い切って距離を稼ぐかで、選ぶものが変わってきます。

初心者の最難間!バンカー

バンカーは、コースの中でも初心者の方がかなり苦労する場所で、砂地で固められているところです。芝と違って、パワーが出ないだけでなく、段差があるので抜けることが難しくなっています。

アイアンを利用して、とりあえずフェアウェイに出すことを意識して、打つようにしてください。グリーン付近に大量に配置されていることがあるため、グリーン前で落としてしまったときは、うまくカップに近づけるようなアプローチを行います。

目玉と呼ばれる食い込みが起きることもあるので、バンカーショットは技量が求められ、練習しないと成功させることは難しいでしょう。

最後のカップインはグリーンで

グリーンは、コースのゴール地点となっていて、ここにあるカップに入れると1ホールが終了します。

傾斜の付けられているコースが多くあり、グリーン上では、どのようにボールが転がっていくかを考えて、パターを利用して入れることになります。雨の日は転がる強さが弱くなるので、強めに打つことがポイントです。

まとめ

ゴルフコースの名前やコツを知っておくと、ラウンドするときに狙いやすくなったり、対処することが簡単に出来るでしょう。

難しい場所に入れないように、フェアウェイを意識してコースを狙うといいです。池やOBのように、罰を受ける地点もありますが、基本となる5つの部分さえわかれば、ラウンドはスムーズに出来ます。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー