ラウンド中初心者にありがちな間違えやすいスコアカウント

getty

ゴルフ初心者

ラウンド中初心者にありがちな間違えやすいスコアカウント

sakabeeee

ゴルフにミスはつきものです。

こと初心者に関してはそんなミスが連発することもよくある話ですよね。

ミスを連発していくと、スコアのカウントを間違えてしまったり、「こんなときどうなるんだっけ?」という疑問が沸いてくることもあるんです。

初心者にありがちなスコアのカウントについて一度確認してみましょう。

ゴルフにミスはつきものです。

こと初心者に関してはそんなミスが連発することもよくある話ですよね。

ミスを連発していくと、スコアのカウントを間違えてしまったり、「こんなときどうなるんだっけ?」という疑問が沸いてくることもあるんです。

初心者にありがちなスコアのカウントについて一度確認してみましょう。

初心者にありがちな間違えやすいスコアカウント OB

ラウンド中、初心者であれベテランであれよくあるのがOBです。

OBになってしまった場合、スコアのカウント方法は

・ティーショットでOB 1打罰で3打目としてティーグラウンドから打ち直す
・セカンド以降でOB 1打罰で打った場所にボールをドロップして打ち直す(例:2打目がOBなら、同じ場所から1打罰を足して4打目を打つ)

初心者のうちはとにかくOBを連発してスコアがよくわからなくなる、というのはありがちな現象です。

何度も繰り返してしまうとスコアを間違えやすいという危険もありますので、カウンターを用意するなどしてしっかり対策しましょう。

また、“2打罰”と勘違いしている人が多いので注意しましょう。

初心者にありがちな間違えやすいスコアカウント プレイング4

ティーショットでOBを打ってしまった場合、プレイング4(通称プレ4とも呼ばれます)というルールを設定しているゴルフ場があります。

これはラウンド中のOBではなく、ティーショット限定でOBを出した場合、4打目として指定の場所から打ち直すというルールです。

プレイ遅延の防止策として取られている措置になります。

パー3のショートホールでは、プレイング4がグリーンのすぐ脇にあることも結構あるんです。

初心者のうちはこのプレイング4にどれだけ助けられたことか……。

しかし間違えてはいけません。3打目ではなく4打目ですよ。

(池のあるパー3で池に入れた場合、グリーンの近くの特設ティーに“プレイング3”を設置しているコースもあるので注意してください)

初心者にありがちな間違えやすいスコアカウント バンカー

ラウンド中、必ずといっていいほどバンカーにボールが入ってしまうという日もあると思います。

バンカーに入るだけならば問題ないのですが、アドレスでバンカーの砂とクラブが触れてしまうと罰が課されるんです(「バンカーにソールしてしまう」なんて言い方をします。ソールとは、“クラブの底”という意味です)。

これがちょっと厳しいのですが2打罰がついてしまいます。

初心者の内は知らずについついやってしまうこともあるかもしれませんが、ルール違反ですので気をつけるようにしましょう。

クラブを砂につけなければ大丈夫なので、バンカーショットのときは気をつけるようにしたいですね。

もちろん打つ瞬間に砂に触ることは問題ないです!

初心者にありがちな間違えやすいスコアカウント 空振り

ボールを打つ前のルーティンとして必ず素振りを行うという方もいらっしゃるでしょう。

素振りは大丈夫なのですが、実際にラウンド中アドレスに入った状態で空振りをしてしまった場合も1打罰が付いてしまいます。

ボールに触ってないから大丈夫……ではありません。

空振りしてもスコアに1打プラスされるので間違えないようにしましょう。

もちろんゴルフは紳士淑女のスポーツですから、「今のは素振りだ!」とごまかしてはいけませんよ。


いかがでしたか?

初心者にありがちな間違えやすいスコアのカウントについて紹介しました。

本来ならばバーディやパーでスマートに各ホールを回りたいんですが、なかなかそうはいきません。

正しいスコアのカウントの仕方を覚えておきましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

ラウンド中初心者にありがちな間違えやすいスコアカウント

メニュー