ゴルフスイング

初心者におすすめ!アプローチが上達するテッパン練習方法

ライドマン

練習場で練習をするとき、アプローチ練習にどのくらい時間を割いていますか?

ドライバーでかっ飛ばすのは爽快ですが、ゴルフが上達したいならアプローチの練習もしっかりと行いましょう。

この記事では初心者の方に取り入れてほしい練習方法をご紹介します!

練習場で練習をするとき、アプローチ練習にどのくらい時間を割いていますか?

ドライバーでかっ飛ばすのは爽快ですが、ゴルフが上達したいならアプローチの練習もしっかりと行いましょう。

この記事では初心者の方に取り入れてほしい練習方法をご紹介します!

1.まずはショートアイアンで打ち込む

アプローチ初心者がまずやるべき練習方法は、ショートアイアンを使った練習です。

9番アイアン以下のインパクトしやすいアイアンを使ってください。

何かしらの目標物を設定して、その地点に集中して寄せる練習をすることで、スイングの幅やヘッドスピードと飛距離の関係を感覚と経験の両方から掴んでいくことができるはずです。

ショートアイアンは距離感を出しやすいクラブなので、50ヤードくらいまでの距離ならすぐに距離感覚をものにできると思います。

2.ゲーム感覚で距離感を身に付ける練習方法

初心者がアプローチの距離感をゲーム感覚で養うことができる練習方法があります。

練習場の30ヤード看板などを目印に、1打目は5ヤード程度のごく短い距離を、2打目は1打目を超える距離、3打目は2打目を超える距離…と順に打っていき、その次はその球を超える距離を打ち、目印までの限られた距離の中で、どれだけ細かく距離を刻むことができるか、というのがその方法。

前の球を超えることができなければ、1打目からやり直しです。

力の加減は毎打とも同じに、スイングの振り幅だけで距離を調整できるよう練習してください。

3.ティーアップして打つ

アプローチの距離を安定させるのに初心者が身に付けるべきなのは、常に芯で球をとらえることができるスイングです。

それを身に付けるのにおすすめの練習方法が、ティーアップした球を打つ方法です。

球を低めにティーアップして、両手や、時には右手だけを使って芯で捉えられるように打ってみてください。

ティーアップした球を芯で打つのは意外と難しく、ボールの下を叩いてしまうなどなかなか思うように飛ばないはずです。

クラブフェースの芯に当てるのに重要なポイントは、体の軸の安定です。この練習を積むことで、左足体重、ハンドファーストが体得できます。

4.右手一本で行う練習方法

4.右手一本で行う練習方法

getty

右手一本で行う反復練習も、初心者にはおすすめです。

打ちたい距離を決めて、右手1本でその距離に適したショットを反復して行いましょう。

ヘッドの重さで振り下ろし、しっかりと芯に当てるショットさえできれば、思った距離に再現性の高いショットを打つことができます。

フォロースルー後、反動でテークバックして再び振り下ろす練習を繰り返して、自分のスイングを定着させましょう。


アプローチショットは基本的に長い距離を打つことがなく、フルスイングはほとんど必要ありません。

その代わりに、細かい距離をいかに打ち分けられるかがポイントとなります。

常に同じ感覚でスイングをすることができるように、練習を重ねてくださいね。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

初心者におすすめ!アプローチが上達するテッパン練習方法

メニュー