ドライバーの重量でスイングが決まる!?

getty

ゴルフクラブ

ドライバーの重量でスイングが決まる!?

sakabeeee

お手持ちのクラブで、軽すぎたり重すぎたりするものはありませんか? ドライバーからアイアンまで、クラブの重さはとても大切です。

自分に合った重さのクラブを使う重要性や、重さの調節方法などを確認しておきましょう!

上達のためには、適度な重量が必要なんです!

お手持ちのクラブで、軽すぎたり重すぎたりするものはありませんか? ドライバーからアイアンまで、クラブの重さはとても大切です。

自分に合った重さのクラブを使う重要性や、重さの調節方法などを確認しておきましょう!

上達のためには、適度な重量が必要なんです!

クラブの重量、その重要性は?

クラブの重量、その重要性は?

getty

クラブの中では、クラブ長の長いドライバーが1番軽く、短いウェッジが1番重くなるように設計されています。ドライバーは長い分だけ振りづらいので、重量を軽く、ウェッジは短い分振りやすいので重くしてあります。

重量を変えることにより、長さの違うクラブでも振り心地に差ができないように作られているという訳です。ブランドや対象とするゴルファーによって重量が変わっています。

重量が合っていないという原因でミスショットになってしまうのは、もったいないと思いませんか?

振り切れる重さで最大とは? 測りかたをチェック

振り切れる重さで最大とは? 測りかたをチェック

getty

一般的に、その人に合っているクラブの重さとは、「振り切れる範囲で最も重い重さ」とよく言われています。

振りきれる最大の重量とは、わかりやすく言うと、スイングした時に足腰がふらつかない程度の重さです。

重たいほうがボールに与える衝撃も強くなるので、その重要性が出てきます。しかし、重すぎるとヘッドスピードが遅くなってしまい、インパクトの衝突エネルギーが小さくなってしまうだけではなく、スイングそのものも不安定になってしまいます。

平均的な体力の男性(ヘッドスピード約40メートル/秒)の理想的なクラブ重量を具体的に表すと、標準的なドライバー45インチで300グラム程度です。5番アイアンなら、スチールシャフトで400グラム前後、カーボンシャフトでは380グラム前後程度を目安と考えるのがいいでしょう。

総重量の重要性と、調整方法

プロのドライバーのセッティングに注目してみると、シャフトの手元側によく鉛を貼り付けています。

プロや上級者の間では、重量調節のためにシャフトに5~10グラムほどの鉛を貼り付けている人が少なくありません。シャフトの交換に比べ、このやりかたが簡単に重量の微調整をできるからでしょう。

また、グリップ内に鉛の棒を差し込むことで手元側の重量を重くするためのアイテムも販売されています。

ドライバーから、アイアンまでのバランスを大切に

ドライバーから、アイアンまでのバランスを大切に

getty

今現在お使いのクラブが、ちょっと軽いかなぁ、と感じていませんか? もしそうならば、手元側に鉛を貼り付けてみることをおすすめします。

チーピンや引っかけ、ダウンシャフトが寝るのを抑えたいという方にも、手元側に鉛を貼ることをおすすめします。手元の重量が増すと、スイングの際に安定感が増すとわかっていれば、その重要性も理解できますよね。

ウェッジだけは少し重めにしたほうがいいですが、あまりにも重量のかけ離れた組み合わせには注意が必要です。

具体的には、アイアンのシャフトがカーボンならウェッジは少し重めのカーボンか軽量スチールに、軽量スチールなら同じか少し重い軽量スチールか重量スチールに、という具合です。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

ドライバーの重量でスイングが決まる!?

メニュー