ゴルフクラブ

パターのヘッドの「重さ」の影響について

オオカミ

パターのヘッドの重さは、パターによって異なっています。

その時代の流行の重さというものがあるのですが、ここ数年はベッドが重いものが流行している傾向にあります。

ヘッドの重さがどのように影響するのか、欠点・利点を含めてご紹介します。

パターのヘッドの重さは、パターによって異なっています。

その時代の流行の重さというものがあるのですが、ここ数年はベッドが重いものが流行している傾向にあります。

ヘッドの重さがどのように影響するのか、欠点・利点を含めてご紹介します。

最近はヘッドが重くなっている

パターヘッドの重さはその時代によって流行があるといわれています。

ゴルフを始めた時に購入したパターはスタンダードなものが多いため、その後購入したものを比較すると軽く感じることがあると思います。

パターは重要なショットなので、クラブを購入する際は必ず吟味するようにしましょう。

最近の傾向としては、パターヘッドは重いものが流行しています。

左右のブレが減る方向にあるため、力業でショットを決める傾向にあると言えます。

パターのヘッドの重さの影響

パターヘッドの重さが与える影響はとても大きいです。

もちろん、ショットを打つ人のテクニックも影響しますが、ヘッドが重くなると基本的にボールがよく転がります。

軽いものと比較してもよく転がるので、左右のブレが起きにくくなります。

軽いヘッドは操作性や距離感がつかみやすいという利点があり、一長一短というところでしょう。

最近の流行から見て、距離感や操作性よりもボールの転がりを重視したゴルフが流行していると言えます。

重いパターヘッドのメリット・デメリット

パターヘッドの重さが重い場合のメリットは、ボールの転がりが良いことです。

芝生の状態や天候によってボールが転がりにくい状態でもしっかりと転がっていきます。

パワーショットのような状態になるので、左右にぶれることなくボールが真っすぐと転がっていきます。

デメリットは細やかなコースの打ち分けや、距離感がつかみにくいこと。

ボールがカップへ落ちずに反対側へ転がってしまうということも起きやすいヘッドになっています。

軽いパターヘッドのメリット・デメリット

パターヘッドの重さが軽い場合のメリットは、操作性が良いことです。

軽いからこそ打ち分けが容易に出来ます。さらに、距離感がつかみやすいので、カップインのパッティングなどでは重宝するでしょう。

しかし、ボールの転がりがベッドが重いものよりも悪いので、風や芝生の影響を受けたり、左右にぶれてしまう可能性が高いというデメリットがあります。

いかがですか?

パターヘッドの重さが重いもの・軽いものとありますが、それぞれメリット、デメリットが存在します。

自分のショットによって使い分けることが出来れば、パターで失敗が少なくなることでしょう。

また、ひとつのパターでどんな状態もクリアできるという選手も多いので、自分に合ったパター選びをしましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

パターのヘッドの「重さ」の影響について

メニュー