ゴルフの総合力をアップ! 苦手なフェアウェイウッドを克服しよう

getty

ゴルフクラブ

ゴルフの総合力をアップ! 苦手なフェアウェイウッドを克服しよう

REDマン

苦手なクラブは、うまく当たらないからおもしろくないかもしれません。

でも、いつまでも苦手なままにしていては、ゴルフの腕前は上達しないもの。

そこで、フェアウェイウッドでミスする共通点と克服法について、ここではご紹介していきます。

苦手なクラブは、うまく当たらないからおもしろくないかもしれません。

でも、いつまでも苦手なままにしていては、ゴルフの腕前は上達しないもの。

そこで、フェアウェイウッドでミスする共通点と克服法について、ここではご紹介していきます。

フェアウェイウッドが苦手な人の共通点

フェアウェイウッドが苦手な人の共通点

getty

ゴルフクラブのなかで最も難しいクラブは、フェアウェイウッドかもしれません。

ドライバーの次にシャフトが長く、地面にあるボールを直接打たなければならないからです。

フェアウェイウッドを苦手としている方に多いミスは、インパクト時にフェース下部にボールが当たり、トップすることです。

ボールを高く上げようと意識するほど、アッパースウィングになりミスが出てしまうので、気をつけなければいけません。

フェアウェイウッドを使うメリット

フェアウェイウッドを使うメリット

getty

フェアウェイウッドは苦手なままにせず、打ちこなせるようになれば必然的にスコアアップが目指せます!

例えば、ティーショットをミスしても、飛距離の出るフェアウェイウッドが打てれば、第2打でグリーン周りまでボールを運ぶことができ、ティーショットのミスを帳消しにすることができます。

さらに、アプローチがうまく打てれば、パーやバーディーも狙えるかもしれません。

特に距離のあるホールほど、スコアメイクに必要なクラブといえます。

では、どうすれば克服できるでしょう?

ミスする共通点をおさらいし、克服法についてご紹介していきましょう。

苦手なフェアウェイウッドを克服しよう

苦手なフェアウェイウッドを克服しよう

getty

フェアウェイウッドを苦手とする人の共通点は、ボールを高く上げようと意識して、トップしてしまうこと。

つまり、アッパースイングとなり、ボールを捕らえるときにリーディングエッジが浮いてしまうのです。

本来ならボールのインパクト時は、ハンドファーストで、クラブヘッドより手が先行していなければいけません。

トップを防ぐには、「上から打ち込む」イメージでスイングすることが効果的です。

アイアンのように、ターフを取るイメージでスイングしてみましょう。

シャフト交換も検討してみよう

シャフト交換も検討してみよう

getty

ドライバーのシャフトに比べて、フェアウェイウッドのシャフトが柔らかかったり、軽かったりしてもトップのミスが生じやすくなります。

シャフトを少し硬めにするか、先端の硬いシャフトに交換することを検討してみましょう。また、鉛をヘッドに貼って重くするのも一つの方法です。

あるいは、シャフト交換(リシャフト)や、クラブそのものを替えることを検討してもいいでしょう。その際、ドライバーよりも10グラム程度重いシャフトにリシャフトするか、最初からドライバーより10グラム程度重いシャフトが装着されたフェアウェイウッドを選ぶといいでしょう。

ここまでフェアウェイウッドでミスする共通点と克服法について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょう。

アベレージゴルファーを目指すなら、苦手クラブも克服していかなければいけません。

諦めずに練習を積み重ねていきましょう!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

ゴルフの総合力をアップ! 苦手なフェアウェイウッドを克服しよう

メニュー