初心者

レンタルも結構使える!クラブのレンタルの仕方・選び方

meison

まだまだゴルフは初心者だし、コースを回る機会も多くはないからクラブはレンタルしたい、いくつかクラブは持っているけど、他のクラブも使ってみたい。

今回は、初心者ゴルフ女子に向けて、クラブのレンタルの仕方、レンタルするときの注意点をお伝えします。

まだまだゴルフは初心者だし、コースを回る機会も多くはないからクラブはレンタルしたい、いくつかクラブは持っているけど、他のクラブも使ってみたい。

今回は、初心者ゴルフ女子に向けて、クラブのレンタルの仕方、レンタルするときの注意点をお伝えします。

レンタルの前に、クラブの種類をおさらい!

クラブの選び方をお話する前に、クラブにはどんな種類があるのかおさらいしましょう。クラブには、目的に応じて大きく3つの種類があります。

遠くに飛ばすためのウッド。より狙ったところに飛ばすアイアン。ボールを転がしてカップに入れるためのパター。

この3つの中にも、ヘッドの形やクラブの長さなどで種類があります。きちんとボールに当たればたくさん飛ばせるけど、そもそも当てるのが苦手など、自分の得意不得意に分けてクラブを選ぶといいと思います。

クラブには初心者用やレディース用もあります。まずは、練習場などのレンタルクラブなどで試してみてはいかがでしょうか。

ウッドとアイアンの選び方

クラブには多くの種類がありますが、初心者は細かいところを見るより扱いやすさを重要視して選ぶといいでしょう。

ウッドは遠くに飛ばすためのクラブなので、全体が長くヘッドが大きく作られています。つまり、当てにくくまっすぐ飛ばしづらいと思って下さい。

慣れていない方はフェアウェイウッドと呼ばれる、比較的扱いやすいウッドを使うのもいいでしょう。

フェアウェイ=地面上という意味ですが、ボールに当てやすいので一打目に使う人も多いです。

アイアンの中でも3番4番…とたくさん種類がありますが、クラブセットをレンタルするといくつかの種類のアイアンが入っていますので、一緒にコースを回る人に聞きながら使い分けましょう。

グリーンでのカップイン!

ウッドやアイアンを駆使してボールをグリーン上に運ぶと、最後はカップインを狙ってショットします。

これにはグリーン上でカップに入れるためのクラブ、パターを使います。初心者の方にとっては一番楽しいところかもしれないですね。

こちらもヘッドの形によって「ピンタイプ」「マレットタイプ」「L字タイプ」などいくつかの種類に分かれています。

初心者の方は、ヘッドが大きくミスショットしにくいマレットタイプがおすすめです。

具体的なレンタルの方法

クラブセットのレンタルは、WEBか電話での申し込みが一般的です。ゴルフ場に行く前に素振りをしたい方は、前もって自宅に届けてもらうといいでしょう。

レンタルサービスの会社は、ミズノやヨネックスなど自社のクラブを持っているところや、DMM.comやGolf Partnerなどが有名です。

「値段が安い」「初心者用がある」「左利き用がある」など、各サービス特色があります。初心者でも使いやすいクラブが用意されているので、状況に応じてレンタルしましょう。

クラブセットには複数本のアイアンが入っていることが普通ですが、クラブ選びに無駄に時間をかけるスロープレーは周囲に反感を買うこともあるので気をつけて下さい!

最近はクラブのレンタルサービスも充実しており、初心者の方も手軽にゴルフが楽しめます。ゴルフは自分の技術だけでなく、扱いやすいクラブを使うことも大事です。

実際にボールを打ってコースを回るだけでなく、クラブレンタルも楽しみましょう!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー