ゴルフクラブ

グリーン周り最強のアイテム チッパーを使ってみよう

とや

ゴルフ歴が長い人でもキャディバッグに入っていないことが多いチッパーというクラブ。
このクラブはグリーン周りの寄せでは最強のアイテムなんです。

なかなかチッパーを使っているゴルファーは少ないんですが、これを上手に使うことでスコアは確実に伸びていきますよ。
初心者ならなおさらです。
チッパーというゴルフクラブについてちょっと見てみましょう。

ゴルフ歴が長い人でもキャディバッグに入っていないことが多いチッパーというクラブ。
このクラブはグリーン周りの寄せでは最強のアイテムなんです。

なかなかチッパーを使っているゴルファーは少ないんですが、これを上手に使うことでスコアは確実に伸びていきますよ。
初心者ならなおさらです。
チッパーというゴルフクラブについてちょっと見てみましょう。

チッパーってどんな形をしているの?

チッパーはアイアンとパターのちょうど中間のような形状をしています。

広いソールにパターのライ角、アイアンのようなフェースやロフト角を持っているのが特徴的です。
振り方はハーフスイングまでで、短い距離を狙うクラブですね。

ウェッジが高いボールでアプローチするクラブなら、チッパーは低いボールでアプローチをするクラブという位置付けです。

その形状からダフりやトップのミスが激減しますので、チッパーは初心者にこそ積極的に使ってもらいたいクラブなんです。

チッパーが活躍してくれるシチュエーション

短い距離をランで寄せたいときにチッパーは大活躍してくれます。
クリークやバンカー越えをするには向いていません。
転がしてピンに寄せていくときに重宝しますよ。

またパターと同じような距離感で打つことができますので、ウェッジよりも感覚が掴みやすいんです。
ウェッジが当たりすぎてグリーンオーバー、というミスが無くなりますよね。

構えたときのフェースも方向性を出しやすくデザインされているチッパーも多いので、グリーン周りからのアプローチ最強のクラブと言えそうです。

チッパーの打ち方をチェック

打ち方はパターの打ち方を大きくしていけば大丈夫です。
方向の出し方ももちろんパターと同じになります。

コックやリストは使わず、肩の動きで振り子のような動きで打っていきます。

こうやって打つことで方向性や距離感など、高い精度を保ってアプローチをすることができるようになります。
距離を変えるのも、振り子の幅を変えるだけで簡単に調整可能なんです。

少々ライが悪いところでも、プレッシャーがかからずアプローチに入ることができますね。

チッパーを使っていると邪道なの?

「チッパーは邪道だ」
「チッパーはダサい」
「プロだってチッパー使ってないから」

チッパーはこんなマイナスイメージを耳にする機会が多いです。
それはまずプロゴルファーたちが使っていないことと、もうひとつはどのように使ったらいいか良く分からない、という2点の理由があります。

ウェッジで代用ができるチッパーは、クラブセッティングに入る余地がないのがプロが使っていない理由です。

アプローチがグッと簡単になるチッパーですが「決して邪道ではありません」。むしろスコアを伸ばしたいのならば、アマチュアゴルファーだからこそ積極的に使った方がスコアメイクしやすくなります。

ゴルフはいかに少ない打数でカップインさせるか、を競う競技です。
チッパーを積極的に使って、グリーン回りからのアプローチをレベルアップしちゃいましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

グリーン周り最強のアイテム チッパーを使ってみよう

メニュー