ライフスタイル

日焼け後は化粧品を正しく使って肌のお手入れをしましょう

yukirinko

帽子やサンバイザーを使うとはいえ、ゴルフは太陽の下でプレーするスポーツですので、紫外線対策をしっかりしていても、日焼けしてしまいます。

避けられないなら、日焼け後のお手入れはちゃんとしておきたいですよね。ここでは化粧品を使った日焼け後のケアについて紹介いたします。

帽子やサンバイザーを使うとはいえ、ゴルフは太陽の下でプレーするスポーツですので、紫外線対策をしっかりしていても、日焼けしてしまいます。

避けられないなら、日焼け後のお手入れはちゃんとしておきたいですよね。ここでは化粧品を使った日焼け後のケアについて紹介いたします。

保湿と冷却が日焼け後のお手入れの基本です

日焼けはやけどの一種ですので、まずはしっかり冷やすことから始めましょう。ラウンド後のシャワーはできるだけぬるい温度に調整して、熱い湯船には浸からないようにしましょう。

日焼けの痛みが気になるようでしたら、濡れタオルや保冷剤などを痛む箇所に当ててください。日焼け後は肌が弱っている状態ですので、保湿のための化粧品は肌に優しい化粧水を使って、肌をできるだけ刺激しないようにしてください。

化粧水がしみて痛むようでしたら、軟膏を使用して保湿すると肌への負担が小さくなります。

痛みがなくなったら美白ケアをしましょう

日焼け後のヒリヒリがおさまったら、シミを作らないための美白化粧品の出番です。選ぶポイントは、メラニンの生成を抑えることのできるビタミンC誘導体配合の美白化粧品でお手入れすることです。

「アスタリフトホワイト」や「VC100エッセンスローション」など沢山の種類の美白化粧品がありますので、悩んだときは販売員さんに相談してみましょう。

いきなり使用すると肌に合わずに美白のはずが肌のトラブルになることもありますので、日焼けをしていないときにテストしておくことをオススメします。

ヒリヒリしなくなったとはいえ、肌はまだまだ弱い状態ですので、肌に無理をさせないように気をつけてくださいね。

日焼け後のお手入れにすぐ美白化粧品を使わない理由

日焼けには美白化粧品がいいと聞いて、ラウンドを終えたシャワー直後に美白化粧品を使う人がいますがこれはNGです。

肌が潤っていないと美白化粧品の美白成分は肌の内部にまで届かないため、日焼け後の乾燥した肌に使うのはもったいないですよね。

日焼けをしてしまうと、とにかくすぐにシミの発生を抑えたくなりますが、まずは肌の潤いを取り戻すことを優先しましょう。

美白化粧品は刺激が強いものも多いので肌をさらに痛めてしまう可能性もありますので、美白化粧品は肌が落ち着いてからと覚えておきましょう。"

化粧品以外の日焼け後のお手入れ方法

日焼け後は化粧品でのお手入れも大切ですが、同じくらい大切なのが水分の補給です。化粧水で肌に潤いを与えつつ、体の内部からもしっかり水分を補給してください。ポカリスエットやビタミンCの入ったスポーツドリンクであればさらに効果的です。

しっかり眠るようにもしてください。軽いとはいえ日焼けはやけどですから、回復のために大切なのは体力です。体を休ませることで新陳代謝を促進させ、少しでも早く日焼けの痛みが沈静化するように促してあげましょう。

日焼け後のお手入れはとにかく冷やすことから始めてください。保冷剤と美容液で保湿と冷却させ、落ち着いたところで美白化粧品を使いましょう。

しっかりと睡眠時間を確保して、水分補給も忘れなければ、シミ対策もバッチリです。日焼けなんて気にせずに気持よくゴルフを楽しみましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー