ドライバーとアイアンの間は何がいいんだろう?ショートウッド編

getty

ゴルフ初心者

ドライバーとアイアンの間は何がいいんだろう?ショートウッド編

iyori

ドライバーは1本でOK、アイアンは大体セットになっているので迷わない、しかしその間は自分で揃えないといけませんよね。

選択肢としてはショートウッドとユーティリティになるでしょう。

飛距離や使いどころは似たような2種類のクラブ、どのようにして選んでいけばいいんでしょうか。

ここではショートウッドについて見ていきましょう。

ドライバーは1本でOK、アイアンは大体セットになっているので迷わない、しかしその間は自分で揃えないといけませんよね。

選択肢としてはショートウッドとユーティリティになるでしょう。

飛距離や使いどころは似たような2種類のクラブ、どのようにして選んでいけばいいんでしょうか。

ここではショートウッドについて見ていきましょう。

まずはショートウッドが向いているタイプを知ろう

まずはショートウッドが向いているタイプを知ろう

getty

ショートウッドとは、言うまでもなくウッドの仲間ですよね。

1番ウッドのドライバーと形がそっくりです。

フェアウェイウッドはその名の通りフェアウェイから使うクラブであり、一番飛距離を稼げるのが特徴で、同じスイング、同じロフト角ならユーティリティより飛距離を期待できます。

その中でもショートウッドは7番ウッドより番手数字が大きいウッドになります。このショートウッドが向いているタイプは、ズバリドライバーが得意な人でしょう。

姿形がそっくりなだけでなく、スイングの仕方や体の使い方までそっくりなので違和感なく使っていくことができますよ。

ショートウッドの打ち方にコツはあるの?

ショートウッドの打ち方にコツはあるの?

getty

ショートウッドはソール形状が非常に長く作られているのが特徴です。

そのためその長いソールの利点を生かして、芝を滑らすようにスイングしてみましょう。インパクトで地面と平行に、芝の上をヘッドが滑っていくイメージですね。

こうすることでインパクトゾーンが長くなり、ボールをしっかり捉えることができます。

ドライバーでのティーショットをそのままウェアウェイ上から行っている感覚になります。

クラブの長さもドライバーに近いものがありますので、距離のあるセカンドショットも感覚をあまり変えることなく打つことができます。

そもそもショートウッドってなんだろう?

そもそもショートウッドってなんだろう?

getty

ドライバーがティーアップして飛距離を稼ぐクラブなのに対し、ショートウッドはウェアウェイの芝の上から直接打つクラブですね。

中でも飛距離を一番期待できるクラブですが、他のクラブと比べても長く扱いづらいというゴルファーが多いのも事実です。

しかしこのショートウッドを上手に使うことができれば、ロングホールのセカンドショットなど、200ヤード以上の距離を残している場合にとっても強い味方になってくれます。

決して出番の多いクラブではありませんが、得意クラブにしておくと大きなプラスになってくれるでしょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

ドライバーとアイアンの間は何がいいんだろう?ショートウッド編

メニュー