ゴルフにも体幹が重要! 体幹を使ったスイングを心がけよう!

getty

ゴルフスイング

ゴルフにも体幹が重要! 体幹を使ったスイングを心がけよう!

keiman

自己流スイングでなかなか上達がしない・・・。

アマチュアゴルファーにありがちな悩みですよね。キレイなスイングを手に入れるためにプロのレッスンを受けることは大事ですが、それと同じくらい大切なのが体幹トレーニングです。

今回は、しばしばゴルフに大事といわれる体幹についてご紹介させていただきます。

自己流スイングでなかなか上達がしない・・・。

アマチュアゴルファーにありがちな悩みですよね。キレイなスイングを手に入れるためにプロのレッスンを受けることは大事ですが、それと同じくらい大切なのが体幹トレーニングです。

今回は、しばしばゴルフに大事といわれる体幹についてご紹介させていただきます。

そもそも体幹を使ったスイングとは何か? ゴルフとの関係性は?

そもそも体幹を使ったスイングとは何か? ゴルフとの関係性は?

getty

ゴルフでは、体の軸をぶらさず、無駄な力を入れないスイングを身に付ける事が必要となります。

手や足に余計に力が入ったりすると、スイングの再現性が低くなります。つまり毎回違ったスイングになるということです。

体幹とは手足を除いた、胴体部分です。腹筋や腰周り、肩甲骨のインナーマッスルなどの部分を総合して「体幹部」と呼ばれます。

この体幹をしっかり意識する事により、効率の良い動きにつながる訳です。

ショットは、腹筋への意識をしながら軸がぶれないようにする事がポイントになってきます。腕の力に頼るスイングは卒業しましょう。

体幹を鍛えることで、飛距離アップを狙う

体幹を鍛えることで、飛距離アップを狙う

getty

体幹を鍛えるといっても、ピンと来ない方もいるかもしれません。

わかりやすいのは腹筋ですね。ゴルフにおいて、腹筋はとても必要な筋肉です。

スイングの際、アイアンの重さにフラついてしまう事はありませんか? それは軸がしっかりしていないからです。

腹筋への意識を忘れず、体幹を使ったスイングを身に付けられるように心がけましょう。

鍛えるというと身構えてしまう方のために、簡単な腹筋強化方法をご紹介します。

1.仰向けに寝て膝を立て、軽く曲げる
2.腕で頭を抱えるか、体の横に伸ばす
3.膝を自分のアゴにくっつけるようにし、戻す

以上を繰り返します。

最初は10回できるくらいを目標にして、できるようになったら徐々に回数を増やしていきましょう。

ゴルフスイングには、強い体幹と下半身が必要

ゴルフスイングには、強い体幹と下半身が必要

getty

ゴルフスイングには、体を捻転するといった動作が必要となり、それには体幹と下半身の強さが必要になります。

下半身が強ければ体幹を支える土台ができ、体を捻転させる際にしっかりと踏ん張ることができるようになりますよ。

しっかりとした下半身の土台と、体幹を使ったスイングが、ふらつく事なく振り切って、飛距離を伸ばすことができる要因なのです。

練習は量より質を追い求めよう

練習は量より質を追い求めよう

getty

練習場に通って、毎回フルスイングばかりで打っているだけでは、質の良い練習とは言い難いです。

力任せに何度も打つよりも、しっかりと体幹を意識して丁寧なスイングを心がけるようにしましょう。

一球一球、体幹(軸)を意識しながら練習することも実は体幹トレーニングになります。

少しずつでも良いので、できる範囲で練習でも挑戦してみて下さいね。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

ゴルフにも体幹が重要! 体幹を使ったスイングを心がけよう!

メニュー