ゴルフスイング

伸び悩みの原因は手首!?飛距離もスコアもコックで飛躍的に伸びる!

golfman71

ゴルフにはさまざまな用語がありますが、コックという言葉を聞いたことはあるでしょうか。

他のスポーツではあまり聞かない言葉ですから、初心者の中にはまだ聞いたことがない人もいるかもしれませんね。

そこでここでは、スイング上達に欠かせないコックについて紹介します。

ゴルフにはさまざまな用語がありますが、コックという言葉を聞いたことはあるでしょうか。

他のスポーツではあまり聞かない言葉ですから、初心者の中にはまだ聞いたことがない人もいるかもしれませんね。

そこでここでは、スイング上達に欠かせないコックについて紹介します。

コックってどういう意味?

コックってどういう意味?

getty

コックと聞いてまず頭に思い浮かべるのは、白い帽子をかぶって料理を作るコックさんかもしれません。この場合はオランダ語に由来する「kok」で、意味は調理人です。

同じ綴りである英語の「cock」には雄鶏、相棒、戯言といったさまざまな意味がありますが、ゴルフの世界では「手首の使い方」という意味で使われています。

コックはゴルフレベルの向上にとっての重要な要素の一つです。あなたも正しいコックを覚えて、スコアのアップにつなげましょう。

正しいコックで上級者を目指そう!

ゴルフのスイングの際には体のさまざまな部位を使いますが、なかでも手首の使い方は重要です。

では、なぜゴルフのスイングに手首の使い方が重要なのでしょうか。

ボールを飛ばしたい方向に飛ばしたり、スイングスピードを上げて飛距離を出すためには、このコックがポイントになるのです。

そのため、コックを間違っていると、いつまでたっても飛距離やスコアを伸ばすことはできません。

あなたもコックのスキルを向上させて、上級者の仲間入りを目指しませんか?

正しいコックとは?

ボールのコントロールや飛距離のアップに欠かせないコックですが、正しいコックの使い方とはいったいどのようなものなのでしょうか。

実は手首は、スイング中一方向にしか動かさないのです。

それはずばり、親指方向(手前側)です(イラスト)。

アドレス時に真っすぐな両手首を、スイング中親指側に折るようにする動きが、コックなのです。

トップまでにコックを完成させ、このコックをできるだけ維持したままクラブを振り下ろし、インパクト直前にリリース(コックを解くこと)することで、飛距離も方向性もアップします。

このコックは、テークバックを始めてからトップに行くまでに徐々に完成させます。

早めにコックすることを「アーリーコック」、ゆっくりコックすることを「レイトコック」と呼びます。

どちらが正しいということではないので、自分に合ったコックのタイミングを練習で見つけましょう。

一方、コックをほどくタイミングですが、早く解くことを「アーリーリリース」と呼びます。これはあまり推奨される動きではないので、動画などで自分のスイングを見て、アーリーリリースになっていないかチェックしてみましょう。

コックを身につけて効率のいいスイングを目指そう!

「ボールが狙った通りに飛んでくれない・・・」
「いつまでたっても飛距離が出ない・・・」
「スコアが思うように伸びない・・・」

こういった初心者にありがちな悩みの解決法は正しいコック(手首の使い方)にあるといっても過言じゃありません。

最初のうちは、コックに気を取られてスイングがバラバラになってしまうかもしれません。

しかし、自分がやりやすいコックのタイミングを見つけた瞬間、飛距離も方向性も劇的にアップするのがコックなのです。

なかなか身につけるのは難しいのですが、まずはテークバックでどのタイミングでコックを入れ始めて完成させるかを意識しながら、練習場で打ってみてください。

自分でもビックリするような球を打てる瞬間があると思います。

がんばってください!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

伸び悩みの原因は手首!?飛距離もスコアもコックで飛躍的に伸びる!

メニュー